2017年5月13日

チェコ・ウィーン おみやげ

チェコ・ウィーンのお土産

プラハで一番モグラくんグッズが安かったお店

<小物編>

木製のストラップ

モグラくん指人形

キーホルダー!
かわいい。

ハヴェルスカ市場にて
キノコの形のクルミ割り

はさみとひもに捕まってる人のブックマーク。
お店の人曰く「はさみが動いてとても良い」

フォークとナイフ、ティーポッドとティーカップ
お店の人曰くフォークとナイフのほうは「レシピ本に良い」

本と眼鏡
「眼鏡に本当にガラスが入っててとても良い」

魚と缶詰
「チェコの民話にある魚」

ゴーレムとユダヤの星
「プラハの伝説」

猫と犬
「手足が動いてとても良い」


陶器で出来たベル



カフカミュージアムのミュージアムショップで購入したポストカード


ノートとかに使えるバンド。ペンが挟める。
自分用とお土産用。

ミュシャのエコバッグ
お土産用


<洋服編>

デニムのスカート
イギリスのスーパーTESCOの洋服ブランドみたい。
刺繍がかわいい。

セールになってたワンピース。



プラハのショッピングセンターで購入した比較的コットン率の高いタイツ!!


ブルノで買ったスカート
フランスのファストファッションのお店だったみたい


<お菓子・食べ物編>

キンダーチョコが美味しいという話を聞いたので購入。確かに美味しい。
KOLONADAとMilkaはチェコのお菓子らしい。まだ食べてない。


見たことないチップスだから買ってみたかった。
メーカーで冒険したので、味は安心のサワークリーム。


駅で買ったポテトチップス。
美味しいー。


ドライトマト
ポーランドではセミドライトマトとオリーブオイル漬けを買ってたので、同じように使ったらめちゃくちゃ酸っぱい!
戻したりしなきゃいけないのね…
自分でオイル漬けにします。


ウィーンのスーパーで発見した、スーパーフード・タイガーナッツ!
日本だと60〜100グラムで500円くらいだけど、これは150グラムで500円くらいだった。

ウィーンのオーガニックのお店で購入。
お茶。

ウィーンのスーパーで購入したバジルの粉末。

<ジュエリー編>

母に買ったネグリン
お店の人が自信をもっておすすめ。


ガーネットの指輪!
金のものはちょっとお高め。シルバーにしたらもっと安い。

スワロフスキーで購入!


<その他>

浮き輪!!1000円ちょっとで安かった。





ウィーン・チェコ旅行 最終日

5日
旅行最終日!
私はぐっすり眠れたけど、旦那さんは体中がかゆくてあまり眠れなかったとのこと…
朝ごはんは駅前で大きなチョコクロワッサンを食べた(店員はちょっとこわかった)。

駅からちょっと歩いてスーパーマーケットでお買い物。ウィーンは塩が意外と良いという話だったので、良さそうなお塩を購入。それからおみやげ用にティーバッグの紅茶も。
あと、スーパーフード好きの同僚の中で話題のタイガーナッツをずっと探してたんだけど、ようやくここのスーパーで旦那さんが発見してくれた!ウィーンではTiger Nusseというみたい。

ホテルに戻り、チェックアウトをして荷物を預かってもらう。

その後、クリムトを観るためにセセッションへ。
かなり小さい美術館で、正直クリムトの《ベートーベンフリーゼ》以外の見所が分からなかったんだけど、《ベートーベンフリーゼ》は本当にすばらしかった!!行って良かった!

お昼ごはんは、事前に調べておいた低価格帯のシュニッツェル屋さんへ。
トラムで向かうと、シュニッツェル屋さんの通りが蚤の市になってる!
ぶらぶら観ながらお店へ向かう。
お店は混んでて、相席になった。メニューはドイツ語だったけど、なんとかシュニッツェルを2人前注文。
出来上がって運ばれてきたシュニッツェルは特大がひとりあたり2枚も!
間違って4人前が注文通ったんじゃないかとどきどきしたら、ちゃんと2人前だった。驚きのボリューム。

お昼のあとは、ヴェルベーレ宮殿の上宮へ。
ここはたくさんのクリムトがある!
《接吻》や《ユディト》などが見れてすごくうれしかった。
ほかにもダヴィドの《ナポレオン》やモネ、マネ、クールベなどもあり、盛りだくさん。
ギャラリーショップでクリムトのポストカードなどを買う。

立派なお庭


その後、旧市街のほうでおみやげ屋さんを冷やかす。

ステファン寺院

ステファン寺院の中かな?すごく混んでた。
この柵に観光客の子どもが頭をつっこみ、外れなくて大泣きしていた…
いろんな人を巻き込み、無事はずれた



鉄道のある駅へ。
空港行きの切符を買ったあと、駅の中にあるお店をプラプラ。
オーガニックショップっぽいところでSONNERっていうお茶を買う。あと、スーパーでバジルとかも買ってみた。
靴下やストッキングを売ってるお店があったのでのぞいたら、普段私が愛用しているコットンタイツFALKEが!!
日本で買うとすごく高いんだけど、いろんなサイズ・色があって大興奮で5足購入。うれしい!



ホテルに戻り、私はホテルのトイレで飛行機用の服に着替えをして、洗顔。
空港行きの電車へ。
電車は意外と空いてて荷物も楽におけた。

空港では初の免税申請!
どきどきしたけど空港が空いてたし、対応してくれた人たちがみんな優しくて助かった。
スワロフスキー、ミハエルネグリン、ガーネット、コットンタイツを申請。
クレジットカードでその場で帰ってきたのが3件、郵便を出したのが1件で、どうやらお店によって対応が違うみたい。

早めに空港に着いたと思ってたけど免税処理などで時間がかかり、結構ぎりぎりでゲートをくぐることに。

帰りの飛行機ではそこそこ寝たけどあまり寝ないようにして、また映画などを観た。

はじめてのチェコ・ウィーンはやりたいことがたくさんできて、本当に充実した旅行だった!
楽しかったー。


おまけ
チェコのマックは美味しそうだなあ

ウィーン・チェコ旅行 6日目

4日
ホテルは1階か近所にバーがあったようで、明け方までうるさくて、あまり眠れなかった…
残念。

7時ごろにパンがドアノブにかけられた音がした。
冷蔵庫の中の物と一緒に食べる。やっぱりハムとサラミは多かった。
チェックアウト11時までの間、街の観光に向かう。



市場やってた



有翼のライオンさん


お世話になったトラム


教会をいくつかと、本屋さん、おもちゃ屋さんなどを回る。
ブルノのおもちゃ屋さんに売ってるモグラくんは安い気がした。
あと、本屋さんには、プラハでは売ってないようなレトロなモグラくんが売ってた。(ほこりがつもってた)
本屋さんには、ほかにもプラハで人気な紙物の文房具屋さんペパロテの品物が置いてあって、プラハでは行かなかったのでここでいくつか購入した。
あと、ミュシャのエコバッグも購入。
本屋さんは英語があまり出来なかったみたいで、なかなか通じなかったけど、「英語が出てこない!ごめんね」と言ってくれた。

いい時間になったのでホテルに戻りチェックアウトして、駅へ。
2等席はガラガラだったので、予約をした席ではなく、荷物置き場の近くの進行方向の席に座ることにした。
チケットの確認に来た車掌さんも、「うんうん、そっちのほうがいいと思う」と言いたげに、にっこりしてくれた(勝手な妄想)。

ウィーンに着くと、皆さんとたんにおしゃれ!
チェコは柄シャツに柄スカート、柄のジャンパーみたいな人がいっぱいいたけど、ウィーンは無地をおしゃれに着こなしてる人が多かった。

ホテルにチェックインをして、まずお昼に向かったら、ごはんどころというより喫茶店だったので、仕方なくケーキとお茶をお昼ごはんとした。

私はウィーンでとにかくクリムトが見たかったので、旦那さんに付き合ってもらった。
この日は美術史博物館でクリムトのアーチを観て大満足。






美術館系は18時に閉まってしまうので、次は世界一美しいという図書館へ向かう。
図書館の入り口は分かりづらく、一緒に迷ってた旅行者に声をかけられる。
「どこから来たの?」「日本です」「そうなんだ!日本の文化が好きだからいつか行きたい」「ありがとう!あなたはどこから来たの?」「ブラジルです」「日本と真逆ね!」「そうだね!」
という会話をしたあと、急に「じゃあね」と言われて別れた。

図書館は中に入って部屋を観ることが出来た。
床から天井まで本がぎっしりで天井画や装飾が美しくて本当にすてきだった!!
なんだか魔法の世界みたいのような美しさだった。


















その後夕ごはんのお店を探しに出かけた。
事前に調べておいたお店に着いたんだけど、中は高級そうな雰囲気・・・
「2人なんだけど」と言ったら「今日はいっぱい」と門前払い。
ほかに調べたお店は遠かったけど、がんばってそっちに向かう。
そちらは低価格帯のお店だったので、大丈夫だろうと思って向かったら、案の定入れてくれた。
でもチェコと物価が違うので低価格のお店でもかなり高く感じた。

お店探しで遅くなったのでこの日はこれでホテルに帰った。

エクセルの色

私のチームでトラッキングしているエクセルの表を私が作成してるのですが、2017年度の色合いがいまいち気に入ってなかった。 私「先輩、来年は爽やかな色合いにしますね!」 先輩「あーそう、どうぞ」 私「どうですか?」 先輩「うーん、なんかパンチが足りな...