2012年4月20日

絵本の世界

そういえば、同期が『えんどう豆の上にねむったお姫様』っていう絵本を知らなかった。
私の愛読絵本なのですが。

ということで、私の大好きな絵本を紹介したいと思います。

『こんとあき』林明子



私がいちばん好きな絵本です。
あきという女の子と、あきが生まれる前におばあちゃんが作ったキツネのぬいぐるみ「こん」が鳥取県に住んでいるおばあちゃんに二人で会いに行くお話。
他の林明子さんの絵本と比べると少し地味な気がしないでもないのですが(『妹の入院』とか『はじめてのおつかい』とかね)、かわいいキツネのぬいぐるみのこんがお兄さんぶって自己犠牲を払っている姿に泣いてしまいます。
この絵本の影響でキツネがかなり好きです(笑)。
いつかひとりで鳥取砂丘に行きたいと思っていて、大学のときにひとり旅したなー。


『まるいちきゅうのまるいちにち』

世界8カ国の絵本作家が、大晦日からお正月にかけて各国でどう過ごしているのかを描いている絵本。
これではじめて小さい私は時差というものをぼんやりと知りました。
絵もかわいいしオススメです。


『旅の絵本シリーズ』安野光雅

ヨーロッパの風景画にちょこちょこピーターパンとか有名人が出てくる、美しいだけではなくとても楽しい絵本。
何作目か忘れたけど、ラプンツェルが出てくるのがすごく好きだったなー。
昔から、「分かる人にしか分からない」ものが好きだったんですよね。


『サンタの夏休み』レイモンド・ブリッグス

『スノーマン』のほうが有名かもしれませんが、私は断然こっちがオススメ。
すごくユーモラスに夏休み中のサンタさんを描いています。
たまりませんね。


『バーバパパのいえさがし』A・チゾン、T・ティラー

新しいおうちを探すけど見つからず、結局自分で家を作るという話。
バーバパパはいろいろ読んだのですが、だんぜんこれが好きでした。
こどもが7人いるんだけど、それぞれみんな個性的で個性に合ったお部屋を作るのが本当にうらやましかった記憶があります。
私はバーバモジャが好き(美術が得意な子)。


『ノーダリニッチ島 K・スギャーマ博士の動物図鑑 』K・スギャーマ

小学校の親友が好きで、しょっちゅう図書館でふたりで見てました。
不思議な動物が載っているだけの絵本ですが、ユーモラスでかわいいんだ。
植物図鑑もありました。


『あなはほるもの おっこちるとこ』ルース・クラウス、モーリス・センダリック

小学校のときに山ほど絵本や本を授業で読まされたのですが、これは低学年のときに読んだ中では一番印象に残ってる。
マジ哲学しちゃってるカンジ。
「園長先生はとげを抜いてくれるためにいるのよ」という一文がいまだに強烈に脳裏に焼きついている。小学校低学年の私には「本当にそうだ!!!」と思わせる説得力があって、ちびっこまなに「本には真実が読むべき真実が書かれている」と思わせた絵本です。


『えんどう豆の上にねむったお姫様』
元はアンデルセン童話らしいですね。
小学校の図書館から何度も何度も何度も借りて家に持って帰ってきた本です。
ふわふわのお布団の上に眠るお姫様の話。
私も会社の保養所に泊まるときはお姫様ぶって、敷布団を3枚重ねにしたりします。
amazonで探したのですが、画像が出てこなくて残念だったので、出版社を探しました。
これです。そうそう、この絵に惹かれて何度も何度も借りたんですよね。
絵もかわいいし、内容もいいし、お友だちのプレゼントに最適!


次回は児童文学の紹介をしたいなー。


2012年4月19日

ネットサーフィン

本当に書くこと無いので、私のお気に入りのホームページでも紹介します。

ヘア・サロン夢屋
(いきなり女の人の裸が出てくるので気をつけてください)

私のレトロ好きに拍車をかけたホームページ。
実際のヘア・サロンには行ったことがないのだけど、ホームページを見てるだけでかなり来るものがあります。
サブタイトル?もオシャレ「緑の本を乙女は恥らう」とか…
ここで紹介されていた、サバンナ八木さんの怪獣辞典がすごく欲しいんだよね~。


アランジアロンゾ オフィシャルホームページ
アランジって本当にかわいいよね~。
フェルトマスコットの本を買って、友人に作ってあげたら、「そっくりそのままですごい!」と褒められてすごく嬉しかったのを覚えてる。


ジップベアタウン
昔、フラッシュでアニメとかゲームを作るのに憧れて色々検索してるうちに出会ったホームページ。
ドンジャラをその昔、毎日毎日やっていた。
ここの色合いってほんとうにかわいい。
自分でもドンジャラ作ろうとして失敗したなー。
ソースとか間違えてないはずなのになぜか動かないという…。
懐かしい。


PON'S sTyLe
ハリネズミがかわいすぎるブログ。
とにかくハリネズミがかわいすぎる。
ぷるぷるつんつん!!


リズム&ブックス
かわいらしい古本屋さん。
いつか実店舗行きたい。








チョコレート・バトル

今日、いつものように同期の女子4人でお昼を食べていると、食べ終わった頃にかわいい同期がWESTのパイをくれました。
わーいと食べようとしていると、天然の同期が「あ、じゃあ私も~」と言って、チョコレートを持ってきてくれました。

それが、86%カカオのチョコレートで、超ビターなのですが、天然の同期いわく、「すっごく苦いんだけど、今までの人生でチョコレートを食べてきてるじゃない?で、同じチョコレートだから舌触りとか香りで今までの“甘い思い出”がよみがえってきて、甘く感じるときがあるんだよね!それで食べられるの!」とのこと。

かわいい同期「へえー、早速食べてみるね」もぐもぐ
私「どう?」
かわいい同期「確かに“甘い思い出”っていうの分かるかも」
天然の同期「でしょ!?」
私「ええー???」

私「じゃあ私も食べてみる」もぐもぐ
かわいい同期「どう?」
私「…舌ってさあ、全体で味覚を感じるんじゃなくて、ここで苦味、ここで甘味とか分かれてるじゃん」
同期「うん」
私「うまいこと甘味を感じるところにあたると甘く感じる。そういうことじゃない?」
かわいい同期「ああー、そうかも???」
天然の同期「科学的だね…。でも、まなちゃん。夢が無いね
私「!!!! ブログに書いてやるー!!」
かわいい同期「ほんと?11日以来ぶりの更新になるね!」
私「詳しいな!!!」


その後やさしい同期が食べて、「思い出かな?舌かな?でも確かにたまに甘く感じるね」とやさしい感想を言ってました。

そして、WESTのパイは舌のどこに当たってもやさしく甘くて、バターの馥郁とした香り漂い、かすかなしょっぱみがアクセントになり、たまらなく美味しかったです。



2012年4月11日

2日間で読んだ本

昨日・今日でかなり本と漫画を読んだのでご紹介です。

『グラゼニ』1巻~3巻
「生涯年収」という観点で野球選手の年棒を考えている1軍の中継ぎ投手が主人公。
こういう風にちゃんとお金を考えているスポーツ選手って好き。
こんなスポーツ漫画が読みたかった!!!という感じ。
3巻まで読んだけどいちばん年収的観点が強い、1巻が一番好きかなー。

『高杉さん家のおべんとう』1巻
31歳のオーバードクターが中1の女の子を引き取る話。ひたすらお弁当と夕飯の話。謎の擬音「はも~ん」とかが気になるけど、おもしろいです。

『昭和元禄 落語心中』1巻~2巻
刑務所から出所した男の人が、服役中に来た落語家の落語に惚れ込み、出所したその足でその先生のところに向かい弟子にしてもらうが…という話。
落語家の師匠が色っぽくてカッコいい。おもしろかったです。

『火の鳥』6巻
高校生のときに全巻セットを買ったんだけど、友達に貸したりとかで飛び飛びになってしまっているので買いました。
6巻は「望郷編」です。
開発される地球を飛び出したロミとジョージ。開発費を盗んで宇宙不動産屋で星を1つ買うが、その不動産屋は悪徳で、ジョージは即効死んでしまう。
ロミはジョージとの間の子と子どもを作るために冷凍睡眠、そしてまた男の子しか生まれず冷凍睡眠。そうこうしてまたロミが冷凍睡眠している間に火の鳥が介在してロミの子孫とムーピーという生物が出会い、人間が増えに増え、文明が発達していくという話。
高校生のときはロミの子孫がムーピーとの間に作った子どもたちが気持ち悪くて一番苦手な話だったのですが、今は嫌いじゃないです。
何と言っても、この人間ぽいのに人間じゃない、気持ち悪いけど受け入れられる感じのこの生物のデザインがすばらしすぎると思うんですよね…。
手塚治虫はマジ天才。

『87 CLOCKERS』1巻
『のだめカンタービレ』の二ノ宮知子の最新作。また音楽家の話かと思ったら、パソコンの話だった。内容にまったく興味ないのにおもしろいのはさすがだと思いました。

『聖女の救済』
東野圭吾の小説が文庫になると教えてもらえるようにブクログというサイトに登録してるんですが、『聖女の救済』が文庫化されたというお知らせが来て、今日は残業できないなと思いました。
ガリレオシリーズの長編なのですが、東野圭吾作品の中でも『容疑者Xの献身』が好きな人が好きなタイプの小説だと思います。
おもしろくて一気に読んでしまいました。


2日でこれだけバラエティを読んだのは久しぶりかもしれない。




2012年4月9日

展示会

通ってる絵画教室で夏ごろ展示会をするらしいです。

いつもはF4号という、A4よりちょっと大きいくらいのキャンバスに描いているのですが、展示会用に大きい絵を描くことにしました!!!!
なんとF15号です!!!一気に9号もアップ!

でも何を描くかまったく決めていません。
まあ、もちろん動物を描くということは決めているのですが。

私はとにかくハッピーな、見た人がにこってなるような絵が描きたいんですよねー。
なおかつそこに美術史的な知識を織り交ぜられれば最高なんですけど。

やっぱりキツネちゃんかな?
シカやキリンも捨てがたいなあ。

うーむむむ。

何はともあれ、展示会にはぜひみなさん来てください。
私の代表作《宇宙で出会った羊とフラミンゴの恋-解剖台の上のミシンと蝙蝠傘-》は展示したいと思っています。




2012年4月8日

朗読者

昨日観てとてもおもしろかった『愛を読む人』の原作小説『朗読者』を買って読みました。
聞いてはいたのですが、全編少年(男性)側の語り口で『愛を読む人』で感じたようなぶわーっと押し寄せてくる感情はまったくなかった。

それどころか、映画では分からなかった男の非道っぷりをまざまざと見せつけられて、男性不信に拍車がかかった…(笑)

ネタバレになってしまうので、下記白文字で感想を書きます。

15歳の少年と母親ほど年が離れている女性が出会い、男女の仲になり逢瀬を重ねるが少年には女性を理解できないまま。ある時から女性は寝る前に少年に朗読をせがむようになる。幸せな日々が続いていたかのように見えていたが、ある日突然女性が行方をくらます。
そして大学生になった少年がゼミで裁判を傍聴すると、そこに行方が分からなくなった女性がナチスの戦争犯罪の被告人として立っていた。
不利な方向に働くような言動をする女性。
そこで少年は、女性の秘密に気付く。

…という話なんですが、映画だと少年はずっと女性を愛しているように見えるというか、誠実なように見えるのだけど、小説では心の移り変わりというか男性の残酷なところがズバーっと書いてあってかなりショックを受けました。

特に、被告人としての女性を弁護人が「拘留するのは不当だ」と言った時に、少年は「ずっと拘留されていて欲しい。なぜなら、単なる思い出として留まっていて欲しいから」と思ってた自分に気付くシーンが…。ひどくない!?ちょっと老けたからって!!!(涙) それなら一時の感情に身を任せて好きとか言うなよ!!!(涙)

「昔は魅力的に見えたんだよなー」って。単に発情期だっただけだろ!!!アラフォー女子を振り回すな!!!(涙)


しかも、後半。「なんか老人のにおいがする」って。ほんとひどい。もうやだ。

映画で泣けたのは、女性に感情移入できたからなんだろうな。


『愛を読む人』

『愛を読む人』を借りて観ました。
特に何も考えずに借りたのですが、すごくおもしろかったです。
後半で嗚咽が出るほど泣きました。

15歳の少年と35歳の女のラブストーリー。
前半はふたりの肉体関係、後半は法廷。

前半では、自分の部屋の中では女王様のように振舞うハンナが、まぶしい夏の昼にレストランでオロオロしてるところは本当に老けて見えて、見てられなかった…。

そんなハンナが主人公の前から去った理由が後半で分かったとき、もう、超号泣!!!
そこからは涙が止まらなかった…。
「うううう…(泣)」みたいな泣き方久しぶりにした…。

小説も読みたくなったなー。


どうなんでしょうね。20歳年下の男性って。
ただでさえ男なんて信じられないのに、高校生だなんて超信じられないよ…。







絵画教室でストレス発散

Bloggerが新しくなってちょっとまだ戸惑っています。
改行が変だったのはそのためです…。
さっきも頑張って書いた記事が消えた~!!悲しい…。

今日は絵画教室に行ってきました。
しかも、午後の部と夜の部に続けて参加させてもらって、計6時間お絵かきしてきました。
何回か写真を撮ったので、前回の写真と併せてメイキング風に紹介してみます。


下書き。
あらかじめ用意した羊とフラミンゴそれぞれの写真を見ながら30分くらいかけて描きました。絵画教室に通うまで、下書きにそんなに時間をかけたことなかったんだけど、私は早いほうみたいです。
下書きが好きではないのでサクッと切り上げてしまう…。


2時間後。
あらかたイメージ通りの色を置き終えた感じ。本当はフラミンゴちゃんの目まで塗りたかったんだけど、ピンクが乾いてなかったので無理だった。乾いてないのに無理に塗ったくちばしの黒い部分はみごとにじんでいる。
この段階で、羊の毛の表現の難しさに軽く絶望しています(笑)。


ここからが今日から!
さらに2時間半後。
背景を宇宙にすることに決めたので、黒と青と紫で大体塗った後、マスキングテープで羊とフラミンゴを保護。
ミイラ羊とミイラフラミンゴみたいでちょっとかわいい。


30分後。
大体星を飛ばし終わる。この後ちょっと乾かして水色でミルキィウェイ風に飛ばしたり、紺を飛ばして奥行きを出したりしたけど、これで大体の星は終わり。


さらに3時間後。
背景を作り終えないと塗れない毛の部分を塗ったり、羊のもこもこをしつこく塗ったりしてた。



これで完成~。計8時間半。
我輩の代表作《宇宙で出会った羊とフラミンゴの恋-解剖台の上のミシンと蝙蝠傘》が生まれた瞬間である。


今日、先生に何度も「早いですね」と褒められて嬉しかったんだけど、ようやく気付きました。「早いですね」というのは褒めているのではなく、単なる感想だと(笑)。
だから「ありがとうございます」って返すのはなんか変なんだよなー。なんて返せばいいんだろう?





2012年4月5日

どうどう

この前、元気が無かったときに、天然の同期に「どうどう」と言われました。

私「え?なに???」
同期「元気出させようと思って」
私「それ、落ち着かせるときに言う言葉だよね」
同期「!!!」
私「しかもそれ、馬に対して言う言葉だよね」
同期「!!!」

ほんとに私は同期に恵まれてるんだよなー。






『マイレージ・マイライフ』

『マイレージ・マイライフ』を観ました。
『JUNO』と同じ監督の映画で、リストラを宣告する人がマイルを貯める話です。

大学生のとき、私は女性が社会に進出するのが難しいなんて、露ほども思ってなかったなー。
なんて甘かったんだろう。

…ということを思い出しました。

すごくおもしろかったのに。感想がこれだけだなんて。
疲れてるんだな。






理想の女性像

私の理想の女性

 ピノコ
  -超かわいいし、ブラック・ジャックを心底慕い、どんなことがあってもブラック・ジャックのそばからてこでも動かないところが本当に理想の奥さん。たまにイケメンにポーっとしたりしてやきもきさせるところがさらにいい。そしてブラック・ジャックに「お前、あの男のことが好きなんだろう」って言われると、こんな風に答えるんですよ。「ン…2番目くやい」

 アンナ・カリーナ
  -ただそこにいて、りんごを齧っていれば、それでいい。そんなかわいらしさ。

 深田恭子  -顔がたまらなく理想。

 ミイ
  -毒舌でハードボイルドなところが大好き。思ったことをずばーっとストレートに言うのに、ほんと小さくてムーミンママのハンドバッグに入れたりするのがまたかわいい。

 ムーミンママ
  -慈愛という二文字が超似合う。こんなお母さんになりたい。




2012年4月3日

私の好きなもの

好きなもの10 

小西康陽(ピチカート・ファイヴ)
  -高校のときのバイト代はほとんどピチカート・ファイヴとその周辺のミュージシャンのCD代に。

手塚治虫
-高校のときにファンクラブ入ってました。そして、兵庫県宝塚市に手塚治虫記念館があると知り、いてもたってもいられなくなって17歳のときに関西へひとりたび。

 高橋留美子
  -小学生のときに初めて自分で買った漫画(初めて読んだ漫画は『ちびまる子ちゃん』)。特に『うる星やつら』と『ダストスパート!!』が好き。 

ボリス・ヴィアン
  -大学生のときに『日々の泡』を読んで衝撃を受ける。ボリス・ヴィアン全集を買い揃え、特に好きな『日々の泡』は、もう1冊買い、さらに訳した人の違う『うたかたの日々』バージョンと岡崎京子が描いた漫画バージョン、そして原語のフランス語のペーパーバックも買った。『日々の泡』は何度も何度も何度も読み、各登場人物の特徴を書き出し、何度もスケッチした。さらにボリス・ヴィアンがCDも出してると知ったのでボリス・ヴィアンのシャンソンCDも2枚購入。ついでに大学でボリス・ヴィアンの論文を取り寄せたりしてた。大学生の情熱ってこわい。

 レオノール・フィニ
  -Bunkamuraミュージアムで観て、「卒論に良さそう」と思って卒論の題材に選んだもののあんまり良くなかった。でもやる気だけは人一倍あったので、武蔵野美術大学の図書館でフィニの本を借りたり、神保町でフィニの画集を探して購入してみたり、沖縄の教授がフィニについて調べてると聞いたので連絡を取ってみたり、近代美術の客員教授に「授業でフィニを扱ってくれたら嬉しい」って言ってみたり、フランスに行ってフィニを置いているギャラリーを訪ねて画集買ったり、フィニを褒め称えたフランス語の文章を必死に訳してみたりした。一時期嫌いになった。でもやっぱり好き。 

ウゴウゴルーガ
  -小学生のとき、毎日見ていた伝説の子ども番組。「金平糖と公明党。自民党に甘いのはどっち?」とかアニメのキャラクターが言い出す。そして20年後、ウゴウゴルーガ関連のものを見るとつい買っちゃう大人になってしまった…。 

水野純子
  -すごく魅力的なイラストを描くだけではなく、漫画がものすごい。ものすごいどころか、すさまじい。この人の頭の中どうなってるんだろうっていつも思う。 

萩尾望都
  -常にすごい人というイメージ。軽い気持ちで買って読んだ漫画にことごとく心を握られてしまう。

サウスパーク
  -趣味が異常に合う友人にすすめられてドはまりする。一言で言えば“エログロナンセンス”だけど“社会派”。私が好きなものって大体そう…。

サンドロ・ボッティチェリ
  -かの有名な《プリマヴェーラ》や《ウェヌスの誕生》を描いたルネサンス期の天才のひとり。私は量産する人が好きなので、レオナルドよりボッティチェリ派。優美で甘いウェヌスにメロメロ。本当はボッティチェリを卒論に描きたかったんだけど、王道過ぎるのでやめたのでした。 

ジョジョの奇妙な冒険
  -卒論を終え、ひたすらバイト三昧で荒れ果てた私が「確実におもしろい漫画を読みたい」と思って買った漫画。おもしろい上に、好きな人同士で「好きなスタンドは?」「何部が好き?」ってきゃっきゃできるので最高。 

ソフィア・コッポラ
  -パステルカラーの、きゅんきゅんな映画『ヴァージン・スーサイズ』『ロスト・イン・トランスレーション』『マリー・アントワネット』。大好き。 

ギリシア神話
  -知れば知るほど、西洋の美術、文学、思考が分かる。そしておもしろい。アフロディーテ(akaウェヌス、ヴィーナス)が大好き。 

三銃士
  -デュマペール大好き。特にダルタニアン物語が好き。小さい頃はアラミス、少し大きくなってからはアトスが好き。そのうちポルトスが好きになる予感。

 恐るべき子どもたち
-姉と弟の関係性を描いた作品が大好きなんだけど、特にこれは最高峰に好き。そして、これをモチーフにした映画『エリザとエリック』も最高!!!

全然10じゃないし終わる気配ないし、もうやめる。 だけど、ひとつだけ言いたいのが、小西さんは手塚治虫が大好きだし、ウゴウゴルーガの主題歌をピチカート・ファイヴが歌ってるし、萩尾望都は恐るべき子供たちの漫画を描いているし、私の好きなものって知らず知らずのうちに重なり合ってて、超ハッピー。

天然同期のおもしろ話

最近、書くことが思いつかなくて、いつもおもしろいことを言う同期にダメ元で「この間話してたことブログに書いてもいーい?」と聞いたらまさかのOKを頂きました。

 おもしろ同期話
その1)
同期「昔から持ってるぬいぐるみってある?」
私「うーん。ぬいぐるみはあるけど、一番古くて高校生の時に買ったやつかな」
同期「そっか。私の友だちにね、小さい時から持ってるうさぎのぬいぐるみを大事にしてる子がいるんだよね」
私「そうなんだー」
同期「でも、古くてほんと汚いの」
私「そうなんだ…(笑)」
同期「ミーちゃんって名付けててね。この間もその子が『ミーちゃんがねー(^^)』って言って来るから、『ああ、あの薄汚いぬいぐるみがどうしたの?』って言っちゃった」
私「!!!!(笑)」
同期「『ミーちゃんは薄汚くなんてないよ(><)』とか言ってた」 

感想)「汚い」よりも「薄汚い」の方が侮蔑的に聞こえるのはなぜだろう



 その2)
同期「最近、口内炎がひどいんだよね」
私「ビタミンBを飲むといいよー。それでも効かない時は整腸剤も一緒に飲むといいよ」
同期「ふーん…。背が大きくならないかな?」
他の同期「???」
私「…そっちの“せいちょう”じゃないよ!!」
他の同期「ああー、“成長”と“整腸”を間違えちゃったのか。何の話してるのかと思った」
同期「え!?みんなすぐに分かった?」
他の同期「うん、ビオフェルミンとか…」
私「背が大きくなる薬とか無いんじゃないかな(笑)」
同期「そうだよねー(><)」
私「そうそう」
同期「…背が高くなっても構わないのに、なんで気にしちゃったんだろう(><)」
私「え!?」

感想)薬に頼らない生活をしているのじゃないかと予想




 

2012年4月1日

好きな言葉 ~手塚治虫作品より~

手塚治虫作品の中で好きな言葉。

「メタメタにポーなの」
かわいすぎ

「ボンカレーはどう作ってもうまいのだ」
これをブラックジャックが言うからおもしろい

「お若い人から話を聞くのはばばの何よりの回春剤…」
これほんとにそうなんだろうな、たぶんね


四万温泉

三連休は、四万温泉(しまおんせん)に行ってきました! 行くまでは四万温泉のことを知らなくて、よんまんおんせんとか言ってましたが、美人の湯で有名らしいですね… ふるさと納税で草津感謝券をゲットして草津に行くのが定番だったんですが、草津温泉に入ると肌が荒れちゃったりして、心配し...