2012年12月30日

よいお年を

会社も終わり、いよいよ2013年が近づいてきました!

今年は一人暮らしを始めたり、料理を始めたり、彼氏が出来たり、別れたり、ドラえもんにはまったり、ももくろのライブビューイングに行ったり、従業員代表に選ばれたり、いろいろあった年でした…

年始に掲げた目標は「新しい友だちを10人作る」だったのですが、なんと達成しました!すばらしい。
去年の目標、「会社の福利厚生を使いまくる」は達成どころか慣習となったので、「新しい友だちを作る」も慣習になるといいなと思います。

来年の目標も考えなければ~

それでは皆様、よいお年を!




2012年12月16日

OLのラジオ体操

いくつか前の記事で、肩がこって困っているということを訴えたのですが、いまだにこっています。

しかし、ちょっといい方法を見つけました!
そう!ラジオ体操です!


毎日ちゃんとその時間に起きるのは無理なので、ラジオ体操第一の日とラジオ体操第二の日を1回ずつ録画して、体操したい時に見ています。

これがかなりいい。
腕を上にのばす運動がかなりあるんだけど、日常ではまったく使わない動きであるにも関わらず、肩こりに効きそうな動きな気配がギュンギュンします。

せっかく第一と第二を録画したけど、結局はなじみのある第一ばっかりやってます。
習慣にしたい!





はくちょーこくちょー

新しく絵画教室で描いた絵です。

この間、井の頭公園にある動物園に行き、「黒鳥」ってほんとうにいるんだ!くちばしが赤くてかっこいい!と思い、描くことにしました。

映画『ブラック・スワン』に興味はあるものの、ホラーがまったくだめな私は見れず…。
でも絵に行き詰まったので、観る事にしました。
すごくおもしろかった!こわかったけど!

絵に感情を反映しようかと思ったけど、ほぼ出来上がっていたので、影響を受けたのは背景くらいです。紫だったのを灰色にしました。



地味ーな絵になってしまったな…。




ぬすみぎき!!

今日の盗み聞き、絵画教室編。

先生「またよしって知ってますか?」
生徒「え、またよしってお笑い芸人の?」
先生「そんなお笑い芸人いるんですか?知らないです」
生徒「ですよね、先生テレビ無いですもんね…」
先生「はい、政治家のまたよしです」

絶対ピースの又吉だと思った。でも先生テレビ無いからおかしいな、と思ったんだ…。

私「昨日『ブラック・スワン』を観ました」
先生「おー、どうでしたか?感想は?」
私「鏡とナタリーの動きが一致してなくて怖かったです」
先生「ウィノナ・ライダーが出てましたね」
私「出てましたねー」
先生、移動
生徒「先生、テレビ持ってないのにどうやって映画観てるんですか?」
私「(たしかに・・・!!)」
先生「プロジェクターです。古い家なので釘でスクリーン固定してもなにも言われないんですよ」

さすが。




2012年12月13日

冬毛

とうとう買った!冬毛になったイーターちゃん☆








-- from iPhone




2012年12月9日

左手・右腕

手を組むとき、腕を組むとき、右と左どちらが上になるかで、インプット・アウトプットを右脳で行っているか、左脳で行っているかが分かる、とある本で見た。

私はインプットが右脳でアウトプットが左脳らしく、説明を読むと、「頭の中に完成形がすでに出来ていて、実行しているときにうまく行かないといやになって投げ出す」とあった。
完全にその通りなので、ぐうの音も出ない!!!
物事を始めるときには、頭の中に完成図がすでにあって、それが無いときにはやらない。
私の腕が見合っている場合は完成図に向かって突っ走ればいいからすぐに出来上がるし、それで「早いね」とよく評価してもらってるんだと思うんだけど、一旦もうダメだ!となると、ほんとうにもうダメ。

その本には、「小さいゴールを作り、少しずつ完成させるのがオススメ」とあったので、今後はそれを参考にしたいと思う…。


-- from iPhone




2012年11月26日

好きな芸術家-レオノール・フィニ

好きな芸術家-レオノール・フィニ

《泉を守護する女》


《白い列車》


なるべくこわくない絵を選んだつもり。



卒論に選んだ画家さんです。
女流ということで、フリーダ・カーロやレオノーラ・キャリントンと一緒に語られることや、シュルレアリスムの周辺の画家として語られることの多い、画家です。
ただ、本人はアンドレ・ブルトン(シュルレリスムの親玉)が嫌いだったようですが。

ブエノスアイレスで生まれ、イタリアのトリエステで子ども時代を過ごし、パリで活躍し、一夫一妻制に縛られず男性2人とたくさんの猫と暮らしました。
絵画だけでなく、舞台衣装なども手がけました。

画風は、初期の魔女や巫女のような暗めの色調の画風から、「鉱物の時代」という人間、自然が一体となったような画風へ、そして「明るい時代」というエロティックかつ残酷な絵柄へ・・・など変容していきます。上の2つの絵は両方とも「明るい時代」の絵です。私が卒論で言及したのもこの時代。


ここからは勝手な発言ですが…
奔放な恋愛や猫と一緒にコルシカ島暮らしとか、ほんとうにあこがれる…。
女性が絵で食べていくのは大変だったようなんだけど、それでも才能が愛されて腕一本で食べていた感じがたまらなくしびれます。
レズビアンぽい絵が多いからレズビアンなのかって疑われることもあったみたいなんですが、その質問に対する答えが「私は女性なので女性経験は当然ありますが、」って。当然あるものなのか? あーかっこいい。

そしてきれいなだけではなく、毒っぽい絵柄ときれいなブルーやピンクがたまらなく好きです。
一時期見すぎてもう嫌になったけど。
やはり好き!

画集も何冊も何冊も持ってるんだけど、今amazonで検索したら、↓の画集は持ってない!!!この表紙も初めて見た!
ど、どういうことだ…






2012年11月25日

ミッドナイト・イン・パリ

近所のレンタルビデオショップが連休の間、新作が80円でした。

普段は新作だと1泊2日だし、380円だし、ちょっとハードルが高いんだけど80円とは素晴らしい。
でも気付いたのが遅かったので、見たかった新作映画はほとんど借りられてました。

しかしあきらめきれず3回行ったら、3回目にとうとう『ミッドナイト・イン・パリ』をゲット!
ウッディ・アレンの新作です。

私は高校生のときから、かわいくてポップで主人公がどもりまくるウッディ・アレン映画が大好き!
その上、今回は私が大学で研究してた1920年代のフランスの人物が出まくり!
フィッツジェラルド、コクトー、ダリ、マン・レイ!!!

フランスがお好きなあなたに間違いなくおすすめです。




katakori

最近ほんとうに肩が凝って困る!

試したこと
・サロンパス⇒肌が荒れる
・アンメルツヨコヨコ⇒即効性ない
・整体⇒時間帯が合えば行くけど即効性はない
・てもみん⇒意外と良かったけど高い
・リンパマッサージ⇒良かったのかよくわからないけどすごく痛かった

どうしたらいいのかなー



 

2012年10月21日

OLのさつまいも収穫

今日は会社の人たちと芋堀りに行きました。

潮干狩り、梨狩り、そして今回の芋堀りをして分かったのですが…。都会生まれ都会育ち、東京砂漠で働いているOLである私は、食べ物を自分で収穫することに言葉では言い表せない深い喜びを感じるらしい。

とまあ、そんなわけで、めっちゃ楽しかった。
しかも、潮干狩りや梨狩りよりも芋ほりはかなり太っ腹で、一人暮らしでは食べきれない量を収穫しました。

あー食べるの楽しみー。
さつまいも大好きー。




ドラえもんクイズ

私「最近ドラえもんを読んでてさ~」
同期A「そうなんだ。私ドラえもんについて全然知らないんだよね」
私「へえー、じゃあクイズする! 第1問!ジャイアンの本名は?」
 同期A「剛田武!」
 私「おー、剛田武は知ってるんだね。じゃあ第2問!」
私「しずかちゃんの苗字は?」
 同期A「うーん…」
 同期B「えっ、知らないの?」
 私「分からない?」
 同期A「うーん…」

 同期A「アラカワ!!!」

一同「ア ラ カ ワ !!(笑)」

 私「クイズじゃなくて大喜利じゃん!バカリズムも真っ青の腕前だよ!」
 同期B「イナバウワー?!」
 同期A「え、ちがう?」
 一同「ちがう(笑)」
 同期A「えー…。何かが静か…みたいな名前だよね?」
私「えー、違うよ…」
同期A「分からないよー!」
 私「じゃあもう答え言うよ。“源静香”」
 同期A「あ…へぇ~」
私「『ああー』ですらなくて『へえ~』なんだ」
 同期A「初めて知ったもん」
私「では第3問!スネ夫の苗字は?」
 同期A「えー?」
同期B「これ私も知らないや」

 同期A「うーん、出木杉!!!」

 一同「デ キ ス ギ -!?(笑)」

 同期B「まざってる!まざってる!」
 私「まぜるな危険(笑)」

 こんなにドラえもんを知らない人がいるとは! かなりびっくりしました。
 ちなみにスネ夫の苗字は“骨川”です。
 本当は出木杉の名前までクイズしたかったんだけど…




2012年10月14日

うさぎのヨシオ

『うさぎのヨシオ』っていう漫画がおもしろいです。

うさぎのヨシオ(本名ピョン吉。すぐにウサギとばれてしまうのでヨシオと名乗っている)が、カフェで働きながら漫画家を目指す話。

ほのぼのかつキュートかつややシュールですごくおすすめ~。


短編もすごくおもしろい。
普段引きこもりがちでテレビばっかり見ているうさぎさん(私にそっくり!)が元気なカメさんとエジプト旅行に行く話。
楽しすぎるので必見~。




夜にはずっと深い夜を

鳥居みゆきの『夜にはずっと深い夜を』の文庫を読み終わりました。

黒いページに白い文字だけど、怖くないよ。
ごくごく短いお話が、ちょこっとずつ繋がっている短編集です。
ほぼすべて女性が主人公。

おもしろかったー。





わが青春・カイロソフト

私がインターネットを始めたのは中学生のとき。
そのころはテレホーダイというシステムで、ネット代金は今のように一日中定額ではなく、夜23時から8時までの定額でした。

そのため、日中に遊べるように色々なタダのゲームをダウンロードしたものでした。

その内のひとつがカイロソフトのゲーム。
フリーのソフトがたくさんある中、カイロソフトの完成度は群を抜いていました。
私は特に、「まんが奥の細道」という、まんがを描いて連載するというゲームを、ずーっと遊んでいました。
(私はシミュレーションゲームを延々と遊べるという悪癖がある)

そして高校生になり、大学生になり、携帯でゲームを遊ぶのが一般的になると、カイロソフトのゲームも携帯アプリに!
ですが、ドコモオンリー!!(涙)
弟と二人でがっかりしたものでした。

携帯を買い換えるたびに、「そろそろauでもカイロソフトが遊べるようになったかな?」と毎回チェックしていましたが、毎回だめでした。

さらに時は経て、時代はスマホに。私もiPhoneへ乗り換え。
そしてカイロソフトもスマホ対応に!!!

やっと、いつでもカイロソフトが遊べるようになりました!(涙)
当然狂ったようにインストールしました。

ほぼすべてのiPhone対応ゲームを遊んでいる私が、勝手にトップ3を発表します。

1位:冒険ダンジョン村
カイロソフト得意の“町を作成”に、モンスター退治要素が加わって最高!
モンスターもかわいい。とにかく楽しい。

2位:ゲーム発展国++
ゲームを作って売るゲーム。最初はジャンルや内容もわずかな中しか選べないけど、社員を教育したりレベルアップさせていっていろんなジャンルや内容を選択、組み合わせられるように。とにかく夢中になる。

3位:アストロ探検隊
小品ですが、宇宙やSF好きにはやっぱりたまらない。
星を開拓して、他の星と交流を深めたり、住民を増やしたりするゲームです。


スマホユーザーやドコモユーザーなら遊べると思うので、ぜひ一度お試しあれ~。






OLの疲弊している一日

昨日は夜10時半ごろ、気絶するようにベッドへ倒れこみ、就寝。
何度か目を覚ましながら翌朝11時まで眠る。

寝すぎて背骨の調子がおかしいと思いながらも起床し、ブロッコリーとソーセージのペペロンチーノを作る。
が、寝ぼけていてスパゲティのゆで時間を間違えてかなりのアルデンテに。

そのまま録りためていた料理番組を2つ見て、ようやく動き出す。

自転車で10分ほどの大型日用品店に向かおうと自転車にまたがる。思っていた通り、タイヤの空気が抜けていたので、自転車屋さんで空気を入れてもらう。

日用品店で買った物は下記の5点

・つっぱり棒の集合体(トイレの棚が上にありすぎるため、毎回苦労をしていたのだが、それならその下に自分でつっぱりで棚を作っちゃえばいいじゃない、という発想の元 購入)

・お風呂の壁に取り付けられる物入れ(シャンプーなどを床に置いているんだけど、掃除のときに邪魔なので、それなら浮かせちゃえばいいじゃない、という発想の元 購入)

・耐熱ガラス製の急須(先週、お気に入りの耐熱ガラス製の急須が、“欠けた”と“割れた”の中間の傷を負い破損したため、そっくりなものを購入)

・ざるを洗うためのブラシ(そんなものが売っているとは。通りでスポンジでは洗いにくかったはずだ)

・S字フック

とにかくつっぱり棒の集合体が大きく、自転車のかごには入りきらなかったのですが、根性で帰る。他にも色々見たかったが、とにかく家に帰るしかなかった。

家に帰ると、一杯の水を飲み、さっそくトイレの棚を作り、お風呂に物入れを設置。
そして耐熱ガラス製の急須で友人のイギリスみやげの紅茶を飲む。

満足して、また一眠り…

ウソです。




2012年10月9日

GO GO

『テベコンヒーロ』というひねくれててきわどくておもしろくてたまらないテレビ番組が終わり、傷心の私にテレビ好きの友人が勧めてくれた番組が『ドライブ A GO GO』というほんわか番組で何を言わんとしているのか分かりません…

傷心は続く。




2012年10月7日

元気

大好きなテレビ番組、テベコンヒーロが終わって、本当に元気が出ません…
ビタミン飲んでも、整体に行っても、お肉を食べても…


-- from iPhone

2012年9月11日

整体のはなし

私は中学生の頃から肩こりがひどく、地元の整体やマッサージ屋さんなど6〜7軒通った経験があるのですが、引っ越してから全然行ってませんでした。

というのも、引っ越す前に行っていた整体・カイロサロンが超すばらしく、整体にはピンからキリまであるということを知ったため、はずれを引くのが怖くなってしまっていたのです。

情報を集めようにも、ネットというところはレストランの口コミは異常に充実しているのに病院やマッサージ屋さんのネットの口コミはあんまり無いんですよね。
やはり常連さんがあまりネット世代ではないからなのでしょうか。
そこで、信頼できるのはリアル口コミなのですが、一人暮らしでほぼ知り合い皆無の状態。なのでババを引かない為にずっと我慢していたのですが…。

先月、我慢の限界に達し、隣駅のマッサージ屋さんに行ってみました。でもなんだかイマイチ…。

そして昨日また我慢の限界に達したため、今度は近所の整体に行ってきました。そしたらこれがすばらしいところで、身体の悩みを色々相談したら全部答えてくれました。
先月から足の裏が痛いのですが、隣駅のマッサージ屋さんに言ったら「何言ってるの?」というように嘲笑され、足の裏は何もしてくれなかったのですが、近所の整体に相談したらすぐに「靴下を脱いでください」と言って検診してくれたあと、炎症を起こしてます!と言って処置してくれました。
ひょっとしたら1ヶ月痛かった足の裏の痛みが治るかも!わくわく。

さらに、1週間半ほど風邪で体調が悪かったのですが、整体に行ったらだるいのが取れました!

しかも、その後ホームページを見たら、院長がインテリでリンモチっぽいブログを書いていてステキ。

整体すごい!保険がきくのでしばらく通おうと思います。


-- from iPhone

なでなで

先週の月曜日から風邪を引き、声が出ない、咳で胸が痛い、未だかつて無いほど痰がからむ、だるい、つらい、という症状が出ていました。
まだ完全には治っていないのですが、先週は1週間ずっとだるかったのですが、熱が無いので1日半だけ休み、あとはずっと出社していました。

木曜日、お昼ご飯を買いに外を歩いていたらかわいい同期とばったり会いました。
かわいい同期「風邪引いてるんだって〜?大丈夫ー?(><)」
私「んー、なかなか治らないんだよね…(声が出ないので小声&ぐじゃぐちゃの鼻声)」

そしたら、私の声があまりにも気の毒だったのか、

かわいい同期「わー、かわいそう〜!!大丈夫ー??(><)」となでなでされました。

いつも私がなでなでしてるのに!!
妹みたいに思ってたのに!!
立場逆転です。
でもすごーく嬉しかったのは内緒です。


-- from iPhone

風邪引いて

雑炊作ったり、湯豆腐作ったり、うどん作ったり、ハチミツレモン作ったり。
医者に2回行ったり。
毎日10時に寝たり。

色々やってるのに治らないー!


-- from iPhone

2012年8月25日

夏にやらなくてはいけないこと

今年入った新入社員が、非常に人生を楽しんでいて、季節の催し物に積極的に参加しているので見習いたいなと思い、遅ればせながら少し夏のイベントをこなしました。

今週は、ビアガーデンと梨狩りに行ってきました。


ビアガーデンは、そこまで暑くなく、風が気持ちよかったです。ビアガーデンにありがちな簡易料理ではなく、しっかりとしたイタリアンな料理でとても美味しかった。


そして、初の梨狩りへ。梨狩りどころか、フルーツを狩ったのは生まれて初めてです。

超楽しいですね!!!!

まず、簡単に梨のもぎ方を教わりました。
ねじったりひねったりしてももげないけど、上にくっと倒すとすぐに取れるとのこと。

そして、いざ重そうに枝にくっついている実を慎重に選び、上に持ち上げるとぽきっと小気味いい音を立ててもげる梨。
都会っこなので、自ら収穫したという行為に超興奮!!!

しかし、2kgまでしか持ち帰れないので、3個もぎってあっという間に終了。
美味しいかなあ~。美味しいといいなあ…。

また来年も行きたいです。






2012年8月17日

帽子??

新潟からの帰り道に寄居サービスエリアがあるのですが、ここがかわいいんです!!!
南フランス・プロヴァンス風になっていて、星の王子様のグッズがいっぱい売っている。

そこでたまらず、lこんなものを買ってしまいました。



これは何に見えますか?
帽子?






ぶー、正解は象を飲み込んだうわばみでした!!!!!



かわいいー。




今年のバカンス

今年の夏はどこへ行くの~♪
バカンスは みじかいの♪
だからスリルがないとね♪

…と、私がもっとも愛しているミュージシャン、ピチカート・ファイヴが歌ってました。
学生のころはピンと来なかったけど本当に大人ってバカンスが短い!そして、ピチカート・ファイヴは本当に大人向けのグループだったんだな~。

私の今年のバカンスは、↓こんな感じ。

1日目~6日目 新潟で海鮮三昧。太る…。硬い布団で寝て肩と背中がこり、そのため頭痛が…

7日目(今日) ぶらりと阿佐ヶ谷に行き、ラピュタ阿佐ヶ谷にて1963年の日本映画『八月生まれの女』を観る。オシャレでかわいかったー。
http://www.laputa-jp.com/laputa/program/oshigoto_girls/sakuhin3.html#20





2012年8月7日

OLにオススメ!すばらしい文房具の世界(ホチキス編)

私は文房具が好きです。

少し前に、父も相当な文房具好きということが分かりました。
なので、どうやら私の文房具好きは遺伝のようです。


皆さんは御存知でしょうか、文房具の日進月歩の目覚しさを。
信じられないくらいの進化を毎年毎年毎年遂げているんですよ…。
しかも進化の方向も「目からうろこ」「技術の飛躍がすごい」「組み合わせてみたら超便利」「かわいすぎる」「おしゃれすぎる」と多種多様で、素敵な文房具がぴょこぴょこ出てきます。

私は「効率が良くなる」文房具が大好きで、中でもホチキスが良くなることでの効率アップ率は異常だと思っています。そのきっかけは入社時に支給されたホチキスが「?」な性能だったので、個人的にMAXのサクリフラットを買ったところ、大げさでなく、ホチキスを使う業務が大好きになりました。
その名の通りサクリと簡単に閉じられる&針が2倍装填可能。しかも、閉じミスなんて一度もしたことない。超優秀。あと、私はグリーンを使っているのですが、これがまたまじかわいい見た目。机の上にあると本当に癒されるので、しまわずに見せる収納をしてます!



そんな私ですが、今新しいホチキスが気になって仕方がありません…。
その名も「Vaimo11 FLAT」。“倍も閉じられる”が名前の由来の、2枚から約40枚まで軽く閉じられるホチキスだそうです。
小型ホチキスの不満である“たくさん閉じられない”、大型ホチキスの不満である“席から遠いところにある”、“閉じるのに力が必要”、“針が太い”などを一気に解消するホチキスとのこと。

サイズは小型なのに、40枚も閉じられる!40枚閉じられたら、今は大型で閉じているものもたいていは閉じられる気がする。すばらしい…。
強いて言えば針が専用針なのが面倒かな~。

「倍も」をさらに「倍も」したVaimo80という、2枚から80枚まで美しく閉じるホチキスもあるらしいのですが、そこまでは無くてもいい気がするのですが、購買欲はあおられます…。

2012年7月28日

『十角館の殺人』 綾辻行人

火曜日に買ったのですが、結構厚かったので一晩では読めないなと思って金曜日まで待ってました。
でも結局眠くて土曜日の朝に読み終えましたが…。

大学のミステリ研究会の仲良しメンバーが殺人事件のあった無人島に遊びに行った先で起きた悲劇。
本当におもしろくてぐいぐい引き込まれました。結構厚かったのに面白くてページをめくる手がとまらず、2時間くらいで読み終えました。

途中の一行にものすごく驚くことが書いてあり、朝から「えーーーー!?」って叫びそうになりました…。

キャラクターも魅力的で話もおもしろいのでおススメですー。


テベコンヒーロ

TBS 「テベコンヒーロ」毎週火曜日23:50~24:20

…が大好きです。

すごく好きだった「タレント名鑑」といういじわるでいじわるなバラエティがなくなって意気消沈していた私の心の隙間を埋めた番組です。
MCが同じでスタッフも同じ、準レギュラーもほぼ同じ。
当然いじわるです。

「みんなが知りたい世の中の疑問を検証していく」 検証バラエティなのですが、いじわるです。

今までの疑問
「出川さんを見て笑わない人はいるのか?」
出川さん、 狩野英孝、小島よしおがロケバスで街をめぐり、女子アナの枡田さんが街を歩く人に「この中に、今まで笑ったことの無い芸人さんはいますか?(^^)」と聞いて、指された人がその人の目の前でネタを披露…


「有吉が共演した芸能人は?」
有吉の共演した芸能人の幅広さがすごい。ロンブー敦が「有吉!って呼んでるけど絶対に先輩だ!」と驚いてました。


「 テツandトモが今まで、なんでだろう?なんでだろう?と世間に聞いていたのに、みんなで無視していた!!テベコンヒーロは、テツandトモの為に解決しよう。」

Q「昆布が海の中でダシが出ないのなんでだろう?」
A「細胞が生きているから」
「もう、なんでだろ~って歌うなよ!!知ってるんだからな!!」ってなり、“アンサーソング”として「知っている~ぅ、知っている~ぅ、なんでも知っている」って歌を作ってました。


「芸人たるもの、コウメ太夫のネタで笑わないはず。笑ったら芸人をやめてください」
コウメ太夫のネタがヤバすぎて笑えました。まったく意味をなしてません。

「芸能人は食レポで1度食べた料理ちゃんと覚えてる?
真剣にレポートをしていれば、今まで食べたことのある料理を覚えてて当然!食レポ経験のある芸人6人で料理を食べ、話し合い、食べたことのある人が自己申告をする。間違えると本気で嫌な罰ゲーム。
2回続けてあったのですが、またやってほしい(笑)



今週は「クイズ!誰のワイルド?」でした!
芸人なら、他の芸人のネタを分かるはず!ということで、スギちゃんのネタを10人の芸人が作り、ロンブー亮、FUJIWARA、おぎやはぎで当てる…という回。
高木ブーさん、まえだまえだ、エスパー伊藤、南キャン山ちゃん、小島よしお、つぶやきシロー、鳥居みゆき、COWCOW多田、野生爆弾川島、コウメ太夫…

「これはガキの発想だな」「このしっかりしたネタ、コウメ太夫なわけがない」などのおぎやはぎや藤本さんの暴言なども超楽しかった。

来週も楽しみ~♪
RGが取材した本当のあるある だそうです(笑)





2012年7月24日

ゴスペルと自分の声

昨日、ゴスペルを習いに行ってきました。
1回きりのクラスで手軽だし、高校のときに少し合唱をやってたのもあって懐かしくなって行ってみました。

行ったら、みんな片手に録音機器を持っていてびっくり。
私もiPhoneに、アイコンがかわいいからという理由だけでインストールした「TinyVox」というアプリがあったので、せっかくなので録音してみました。

久しぶりの合唱は超楽しかった!歌ってる間、「天使にラブソングを」が観たーい!!!とずっと思ってました。

るんるんしながら帰り、ごはんを食べて寝て、次の日の朝に、そういえば録音できたのかな?と思って電車で聞いてみたら…。

自分の声が超変(涙)。

前、弟とカラオケに行ったときに「お姉さん、なんでそんなぬるぬる歌うの?この歌はもっと歯切れよく歌わないと!」と言われて、何言ってんだこいつと思ったのですが、録音した私の歌声は本当にすごくぬるぬるしてた…。
今まで一緒にカラオケに行ってくれた皆さんに謝りたいです。

声の録音って怖い!!!
ゴスペル、短期間のコース入ろうかと思ったけどやめた!!!




料理と私

私は小さいころから美味しいものを食べることが大好きでした。
親にいまだに言われるのが、注文したおそばがまずかったとき、お腹ぺこぺこだったのに一口食べて、こんなもの食べられないと思い、「もうお腹いっぱい」と言ったらしいです。ただ、オチは親の気分によって「昔は“まずい”と言えない気持ちの優しい子だった」となる時と、「あんなに舌が肥えた幼児はいない」となる時がありますが・・・。

祖父が生きていた頃は、初孫だったこともあって色々美味しいお店に連れて行ってもらいました。会員制のクラブとか、テレビで取材されるような温泉宿とか、秘境とか、フレンチレストランとか。

伯母は料理が趣味で、年に数回遊びに行くと、そこらへんのレストランより美味しいごはんを山ほど作ってくれました。

小学生のときから『美味しんぼ』を読み、大きくなってからは『空の食欲魔人』や『HEAVEN』など、ごはんを通して幸せになったり人間関係を作るまんがを好んでたくさん読むようになりました。

「どんな制服の男の人が好き?」と聞かれて、周りがスーツや警官とか言う中、私は「コックコート」。



一人暮らしをはじめるまで、まともに料理をしたことがなかったので、こんなに食べることが好きなのに料理が下手だったらどうしようという不安と、こんなに食べることが好きなんだから料理が下手なわけないという自分への期待で心が押しつぶされそうでした。
一人暮らしをはじめて、結果が出て本当に良かったです。いらない不安から開放されてとってもハッピーです。

結果:好みの料理が載っている料理本を見つけ、レシピ通りに作り、ひと手間を惜しまず、下ごしらえから後片付けまで心をこめて料理に向かえば誰でも自分好みの料理が美味しく作れる。




親子

一人暮らしをはじめて2ヵ月半経ちました。実家には1回しか帰ってません。しかも1時間くらい…。

一人暮らしは特に何もしてないんですか、なぜだかとても楽しいし、自分の作る料理はおいしいし、自分でお弁当を作るようになってからお昼が楽しみでしょうがないし、超サイコー。

でも、離れて親のありがたみが分かるようになるというのは本当でしたー。
洗剤のCMの「親が汚れた袖口を白くなるまでこすってくれた…」というセリフに速攻号泣。最近はもう、親子愛をモチーフにはただでさえゆるい涙腺が即効決壊します。

親の愛情ってなんであんなに無償なんでしょうね。
私は本当にプライドも高いし自己愛も強いし、自分の子どもに対して、「自分より大事」「自分より幸せになって欲しい」「自分を越えて欲しい」ってちゃんと思えるか不安です。
私はちゃんとそう育てられたと感じているので、子どもが生まれたら、自分も自分の子どもをそう育ててあげたい。




2012年7月21日

家であそぶ。

このたび、2度目の友だち訪問がありました。
しかし、まだ来客に慣れていないため、バタバタと飲み物を用意したり、食べ物を用意したりして友だちを放っておいてしまう(><)
要改善…

でもいろいろ話せたし、楽しかった~☆
テレビの録画の中から、私の大好きな土井善晴さんの料理の番組や、ジョジョの奇妙な芸人を見たり、まんがをいろいろ読ませたりした。

しかし、振り返って考えてみると、私はやりすぎたかもしれない…

……。

まあいいや。

少しずつ慣れて行きたいと思います。




最近読んだ小説

『カラット探偵事務所の事件簿 2』乾くるみ

***内容紹介***

謎解き専門の探偵社。所長の古谷と助手の井上が持ち込まれる軽い謎から、奇怪な謎まで鮮やかに解き明かすシリーズ第二弾。

**************


乾くるみさんの本は文庫化されたら大体読んでます。『カラット』は1にそこまでハマらなかったんですが、1の最後のびっくりが衝撃的で、あのネタばらしをしたら2はどう続けるんだ?と、かえって興味が湧いたので読みました。
そしたら、ほぼ1と同じように進むのでびっくりしました。1の最後を知っているものからすると所々「ハイハイ、そうだよね」って感じの描写があったので、「2」から読みはじめて「1」を読んで、また「2」を読めば、その私が「ハイハイ」と感じた部分が「おーっ」ってなるかもしれないのですが、たいていの人が1を読んでから2を読むと思うのですが…。
単純に謎解きを楽しんだり、キャラクターが好き、というファン向けですね。
でもいつもキャラクターに感情移入するタイプなのに、乾くるみさんの作品では全然キャラクターに愛着湧かないんだよなー、なんでだろ?
やっぱりたいていの場合、最後に「実は嫌なやつでした」「実は変態でした」って裏切られるからかな…。






『うさぎパン』瀧羽麻子

***内容紹介***

第2回ダ・ヴィンチ文学賞大賞受賞作!

高校一年生の優子と、彼女をとりまく人々とのほっこりとした日常を描く、なごみ系の物語。
新しい友だち、初めてのボーイフレンド、義理の母親、家庭教師の美和ちゃん。
いろんな人たちとの出会いのなかで、恋について、家族について考え、少しずつ世界を広げていく優子。
そしてある日、死んだはずの実の母親・聡子が優子の前に現れて……。

*************


基本的に気に入ってる小説家の本ばかり買って、あまり冒険はしないのですが、東野圭吾さんの最新文庫を買いに本屋さんへ行った時にたまたま手にとってちょこっと立ち読みしたところ、1ページ目を一気に読みきって、ページをめくろうとしている自分に気付いて、購入を決めました。
ほんわか、さっくり、瀬尾まいこさんぽい雰囲気なのですが、そこにちょこっと不思議要素込みという感じです。私は基本的に日常にちょこっと不思議要素を入れる小説はあまり好きではないのですが、『うさぎパン』はそこそこ違和感なく受け入れられました。
キャラクターもとってもいいです。

ヒロインはパンが好きな女の子で、高校初日の自己紹介で「パンが好き」と言ったところ、同じくパンが好きな男の子と出会い、「どんなパンが好き?」「かたくて白いパン」という会話で意気投合。そこからはじまる思春期ストーリーです。

パンが好き?! まるでうちのかわいい同期みたい!! と思い、読み終えた次の日、すぐにかわいい同期に渡しました。
「主人公の女の子がね、かたくて白いパンが好きなんだよー」と言ったら「私、やわらかーいパンが好きなんだよね…」と言われてしまいました。
そういえばそうだった…。





『プラチナデータ』東野圭吾

***内容紹介***

国民の遺伝子情報から犯人を特定するDNA操作システム。警察庁特殊解析研究所・神楽龍平が操るこのシステムは、現場の
刑事を驚愕させるほどの正確さを持って次々と犯人を特定していく。検挙率が飛躍的に上がる中、新たな殺人事件が発生。殺さ
れたのは、そのシステム開発者である天才数学者・蓼科早樹とその兄・耕作で、神楽の友人でもあった。彼らは、なぜ殺されたの
か?現場に残された毛髪を解析した神楽は、特定された犯人データに打ちのめされることになる。犯人の名は、『神楽龍平』――。
追う者から追われる者へ。事件の鍵を握るのは『プラチナデータ』という謎の言葉。そこに隠された陰謀とは。果たして神楽は警察
の包囲網をかわし、真相に辿り着けるのか。

**************

東野圭吾さんの本は毎回おもしろいなあと思うのですが、今回もおもしろかったのですが、特に序盤のわくわく感が半端なくて、それに比べるとクライマックスあっさり…という感じかなという気はします。

やっぱり東野圭吾さんの作品では『悪意』と『容疑者Xの献身』が好きですねー。
特に『悪意』はタイトルがもったいない気がします。シンプルでかっこいいけど…。








いつも好きな作者の文庫が出ると発売日に読むので、すぐに感想をアップしたら需要ありそうなのに、感想が遅れてしまってもったいないなあーと思います…。




2012年7月15日

レゴ熱

この間レゴで遊んでから、レゴ熱が高まってしまい、ホームページで大人がレゴをするにはどうしたらいいのか検索していました。

そうしたらレゴのパーツを取り扱っているウェブショップを発見しました。
http://www.dgla.jp/shop/

動物&植物とか、窓&ドア&枠のカテゴリを観てたら昔持ってたパーツがどんどん思い出されて懐かしさでいっぱいになりました。
馬に鞍つけたり、草に花をつけるんだけど気分によって赤オンリーにしたり黄色オンリーにしたり、赤白黄色にしたりしたな~。木とかもめちゃくちゃ懐かしい!!!

ヤフオクを見たら、中古品で○kgとかで売ってるんですね~。うーん、どうしよう…。




2012年7月14日

苗字と昔の記憶



会社でお昼ごはんを食べている時に、苗字と名前の話になりました。


名前の由来とか、「この名前じゃなかった場合どんな名前になる可能性があったか」とかも話したのですが、「結婚して名前が変わる場合、どんな苗字は嫌か」という話で結構盛り上がり、第一の結論として「名前と似ている苗字は嫌だ」ということになりました。
例えば「まきこ」という名前だったら「まきた」と結婚すると「まきたまきこ」になるからいやだよねということです。

第二の結論としては、「出席番号順で1番とか最後になる苗字も嫌かも」ということになりました。
私はまさに「出席番号順で1番」になりそうな苗字で、実際に中高時代は出席番号順1番でした・・・。
中高時代はインターナショナルスクールだったため、入学当初、出席を取るときに名前を呼ばれて「なんて答えたらいいのか」が本当に分からなくてものすごく焦った記憶があります。

「日本だったらハイって言うから、YESって言うのかな?でも質問されている分けでもないのにYESって変なような…でも他に思いつかない(><)」←この12歳のときに経験した焦りは私の中で忘れたいことのひとつなのに、今でも鮮明に覚えている…
結局YESって言ったんですが、その後の人たちは「HERE(ここでーす)」って言ってました。確かに「HERE」って自然だよな~

本当に中高時代は苗字を恨んだな~。“あべ”さんが転校して来ることを本気で願ってた。(ABEなんて、アルファベティカルオーダーでは確実に1番)

ちなみに大学に入った時も、私は一番歴史のある学部で、50音順でも1番だったので、入学式に時間がないから私の名前だけ呼ばれて立たされるという謎の行動を取らされました。


そんなこんなで、昔の記憶を呼びさましたランチでした。





2012年7月13日

OL憧れのネットショップ

私の大好きなネットショップを紹介します!
好きすぎて教えたない気持ちもあるんですけど…。

scope

ここで売ってるものなんでもほんとかわいい!!!!

ポットとか…

はりねずみクッションとか…

ランプとか…

おすしメモとか…

ブックカバーとか…

ラグとか…

小さい家とか…


レゴの世界

すごく久しぶりにレゴで遊ぶ機会がありました。

私は小さいとき、レゴが大好きで大好きで、いつも遊んでました。
いろんな人からのお下がりのレゴだったので、超大きいタッパーにいろんなセットのレゴが入っていて、無限に遊べました。
好きなパーツは窓で、窓を使いたいがあまりに家をよく作ってました。
あと、白と黒と黄色のパーツを組み合わせて「羊」と思い込んでいました。今考えると何が羊なのだ??


そんなこんなで、今回作ったレゴを紹介。
ほんとはもっと作ったんだけど、最初のほうのは写真撮り忘れた~…。



「想像上の動物を作ってください」ということだったんですが、そんなこと急に言われても…。
手癖でなんとなくできたのがこれです。
“古い神殿を守る怪鳥”というイメージです。入り口の両脇をどくろが固めていて、さらに怪鳥が立ちはだかってる…感じ。



なんとなく空いている時間に作ったもの。
「ビーチでのんびりしているところにサメが!!!しかもすでに何人も食べられてる!!」というイメージ。



次は「理想の家庭像を作ってください」でした。そんなこと急に言われても…。
なんとなく出来たのがこちらです。
「一緒にいると天にも昇る夢見心地☆な相手とのんびりソファに座ってテレビを観てるだけで幸せ…少女マンガみたいに花咲くような家庭」というイメージ。
天にも昇る夢見心地を表すために水色・青・白・クリーム色で階段を作りました。




レゴ、本当に超楽しい…


アイスクリーム

またブログを書くのが久しぶりになり、かわいい同期に「更新しないの~?」と言われてしまいました。
更新します…。

今日、3人に「痩せた?」と言われました!!
うれしい!!!

うれしさのあまり、ずっと我慢してたアイスクリームを買ってしまいました。
久しぶりに食べたらつめたーい!!!





2012年7月1日

シュールなようでシュールじゃない、でもちょっとシュールな。

昨日、高校の後輩が部屋に遊びに来ました〜。

この部屋にお客さまが来るのははじめて!
それどころか、実家は都心から離れてるので、「友だちが部屋に遊びに来る」ということ事態が10年ぶりくらい!
超ドキドキしましたが、無事に終わり、ちょっと自信がつきました。
遊びに来たいといってくれてる友だちは他にもいるので招きたいと思います。

そんかこんなでお部屋紹介。
シュール好きなのに部屋は超シンプルで、私はなんてつまらない人間なんだ…と思ってたけど、よく見るとちょっとシュールかも?




壁には実家に居た時から貼りたくて仕方なかった豆のシールを貼ったんですけど、超お気に入り。実家の壁は土壁だったので貼れなかったのよね…


テーマカラーはオレンジです。夏は暑いです。






テレビちょっと大き過ぎた。


高校の後輩ちゃんはネイリストさんなので、ネイルしてもらった〜!
ジェルネイルなんて3年以上ぶり!

コーラルピンクで金色の星つけて〜って言ったら超かわいくしてくれた!!

写真撮ってーって手をばっと広げたら無言で手をポージングさせて写真撮ってくれた(笑)
プロは違うなあ…


-- from iPhone

2012年6月25日

今日のごはん

今日は耐熱皿を持ってないのにアスパラガスの豆乳グラタンが作りたくなって、クイーンズ伊勢丹に探しに行きました。なぜか絶対にあると思ってたのに売って無かったので諦めかけましたが、思い立って商店街のほうに行ってみました。

歩きながらきょろきょろしてたら超かわいいグラタン皿が売ってた~☆
普段スーパーしか行ってないので忘れてたけど、私って超素敵な町に住んでる!!!


グラタンを焼いてる間、密集してきたパクチーを間引いてスープを作りました。
間引くの、本当につらい…。もっと大きくなって欲しいのに…。命のオーディション(byアメトーーク)ってほんとですね…(;_;)

しかし、ウェイパーにすりおろしにんにくと輪切りとうがらしを入れた初摘みパクチースープは最高においしかったです!!
パクチーは摘んだ瞬間にふわあと香ってきて幸せを感じました。




そうこうしてるうちにアスパラのグラタンも出来上がりましたー。
…でも写真撮るの忘れたー!!!

美味しかったです。






2012年6月24日

同期とダンス

職場の同期のダンス発表会に行ってきた!!
パワフルでかっこよかったー。
ダンサーの皆さん、ほんとスタイルがよくて「痩せたい…」と痛烈に思いました。



同期4人で見てきてたので、その後一緒にごはんを食べました。
大好きなハンバーグ屋さん「Gold Rush」へ。

オードリィ・ヘプバーンのポスターが貼ってあったので、かわいい同期に「オードリィだねえ~」と言ったら「おー…」と言った後しばらくして「…ドリィ」と言ってました。








私「え、今なんてなんて?!」
かわいい同期「ちょ、なんでもない(><)」
私「なんてなんてなんて?」
かわいい同期「いや、おーって言った後、ドリィって言ってみたんだけどすべったから何でもない(><)」


うーん、かわいい。



そして、「Gold Rush」によく行く身として、同期たちにおススメを紹介したりサイズを教えたりしてました。かわいい同期に「どれにするの?」と聞いたら、「うん、チキンステーキにする」とのこと。

え、ハンバーグ屋さんでチキン???


私「ここねえ、すごくおいしいハンバーグ屋さんなんだよ~」
かわいい同期「へえー!」
私「雑誌とかのハンバーグランキングとかでも結構上位に入ったり」
かわいい同期「そうなんだ~」
私「それでもチキンステーキ?」
かわいい同期「うん。チキンステーキなの」
私「じゃあ、Gold Rushで二度とチキンステーキ見られないと思うから、写真撮らせてね」
かわいい同期「もちろんもちろん」


というわけで、チキンステーキです。







楽しかった~!





2012年6月19日

パクパクパクパクパクパク

昨日は憧れのお店“パクチーハウス”に行ってきました~!

http://paxihouse.com/tokyo/

パクチーの料理ばっかりのお店です。パクチーを愛している人たちにはたまらないお店~!!
もう行くと決まってから、一緒に行くメンバーに「これ食べたい!」とメールを送りつけるしまつ。

お箸が「うきはし」という、口をつける部分がテーブルから浮くお箸でした~。



取り皿もパクチー柄でかわいい~。




ここから料理が来たのですが、もう大興奮で撮影を忘れる(笑)

メニューはパクチーだらけの上に「追パク!」ていうと、追加でパクチーを持ってきてくれるんです。なんと無料!最高…。

☆頼んだ料理
・ほおばるサラダ~生春巻
⇒大葉とかも入っていたような?さっぱり美味しかった~!タレも美味しかったです。

・ぐちゃぐちゃが美味しい皮蛋豆腐
⇒ピータンもパクチーも大好きなので幸せでした。追パクして頂きました。

・パク天
⇒パクチーの天ぷら。生とは違った香りですがサックサクで、もー超美味しかったです。

・ヤンパク
⇒山盛りのパクチーの上にラム肉が!!私、ラムが一番好きなお肉なので超興奮。味付けも美味しかったです。追パクして頂きました。

・パクライス(パクソース)
⇒ジャスミンライスの炒めごはん。パクチーシードやあらびきこしょうがすっごく素敵なアクセントでもう病みつき。本当はイカ墨ソースにしたかったんだけど、パクソースも美味しかった~。追パクして頂きました。

・チョイスが楽しい麺々
⇒6月はキャンペーンでいつもは選べないパク麺が選べるということだったので、せっかくなのでパク麺をスープに入れてもらいました。パク麺はよもぎモチみたいでした。追パクして頂きました。

このころになるとお腹もいっぱいになってきて余裕が出たので写真を撮りました。でも興奮して周りを片付けるの忘れてた(笑)



遠慮なく4回も追パクし、めっちゃパクパク食べました~。

もう、本っ当に美味しい!!!!
一緒に行ったメンバーは普通にパクチー好きな子と、食べれることは食べれるけど、そんなに好きじゃない、でも解毒作用があるなら行って見ようかな…という子の2人だったのですが、もう本当に美味しかったので後者の子も、めっちゃパクパクして、最終的には「パクチー大好きかも!!!」ってなってました。


本当はいろいろ話せたらいいな~と思ってたんだけど、ほぼ「美味しい~!!!」しか行ってない(笑)
ぜひまた行きたい!!




2012年6月16日

ぜいたく

ちょこっと臨時収入が入ったので、ずっと欲しかったちょっとしたぜいたく品を買ってしまいました。



じゃーん。来客用スリッパ。


スリッパって100円ショップにも売ってるし普段使うものではないので結構悩んだのですが、どうしても好きなので買っちゃった。



この革靴の柄がめっちゃかわいい~。たまらな~い。







このふくろうかわいい~。色もきれい~。







「履いている時にいちばんかわいく見える」向きに絵が描いてあるところが好きです。






早起きとまんが

実家にいたときは土曜日の朝はいつまでも寝ていたくて、11時とかまで寝ていたのですが、一人暮らしをはじめた先のごみの日が水・土の朝なので7時半には起きなくてはいけません…。毎週早起きしてます…。

でも、水~土の朝って一番ゴミが出ないんですよね。ゴミが出るのは大体、土曜日~日曜日の間なので。
このゴミ出しスケジュール変更してほしい!


昨日は最寄り駅近くにあるBOOK OFFに行って、まんがをたくさん買ってきました。一部をご紹介。


『ラウンダバウト』渡辺ペコ
中学生の独特の雰囲気を描いたほのぼのしたほっこりまんが。

特に好きだったのが、普段引きこもりの女の子が、同じ学校のちょっと仲良くなった女の子(変わってる)を遊びに誘ったらその子が独断で自分と仲のいい学校の子も誘ってしまい、「3人で話すバランスが分からない…」と悩むところ。
中学生のときは本当に「3人」という数がいやだったのを思い出して、あー…という気分になりました。でもそこはほっこりまんが、最終的にはその話もほっこり終わるので安心安心。
中学生時代を忘れていない人におススメ。


『幻覚ピカソ』古屋 兎丸
全3巻で、まだ2巻までしか読んでないのですが、とってもおもしろかったです。
絵のうまい、通称ピカソという根暗な男子生徒が、同級生の女の子と一緒に事故にあい、本当は死ぬところだったのを女の子が「才能があるのでピカソは死なせないでください」と願ったため奇跡的に無事だった…と思いきや、本当は死ぬところだったので、生き延びる条件として「人を救わなければ生きていけない」体になってしまい…という話。

事故にあってからのピカソは、人の心の闇に触れるとそれをスケッチブックに描き出し、その絵の中に入って闇を解決していくんですが、心象風景っておもしろいですよね。レベルE思い出した。
多少グロくても大丈夫な人におススメ。



都会のBOOK OFFは違うなあ~、こんなにおもしろいまんがが置いてあるなんて!!!
でも8冊買ったのに全部読んじゃったよ…。まんが燃費が悪い。
















2012年6月13日

越えるチャーハン

母にちゃんとごはんを作ってることを伝える。



私「大体レシピを見て作ってるんだけど、この間は“あるものでチャチャッと”作ってみたよ」

母「へー、すごいじゃない、何作ったの?」

私「チャーハン」

母「あら、何入れたの?」

私「卵とー…」

母「うんうん」

私「ソーセージとー…」

母「あら、添加物が心配ね」

私「油揚げとー…」

母「ええっ、ずいぶんオリジナルね」

私「あとはにんにくとネギとゴマと青ノリかなあ。味付けは塩コショウとオイスターソースとしょうゆで最後にゴマ油かけた」

母「…おいしそうね…」

私「ちゃんと冷凍ごはん使ったからパラパラだったよ」

母「ふーん(`ヘ´)」



母のチャーハンを味の面では完全に越えたと思ってる。

2012年6月12日

タンドリーチキン丼への道

昨日はストックが切れた化粧品を買うためにデパートに行ったので、豪勢にデパ地下で夕飯買っちゃおう!と思ったのですが、いざ目の前にお弁当を目にすると意外と高くて手が出ず、インド系のお惣菜売り場に行き着きました。

そこでナンのサンドイッチとタンドリーチキンを買って家路に向かいましたが、途中で「スープも飲みたいなー」なんて気分に。

家にコンソメとアスパラガスがあるのであとたまねぎだけ買おうと、いつもは行かない高級スーパー・クイーンズ伊勢丹へ。いつものスーパーと違い、歩いているだけでよだれが出るほど何もかもみんなおいしそう!!
近所のスーパーではもう売ってない新たまねぎも売ってた!!
ボーナスが出たらまた買おうと心に決め、最低限のものを買って家へ。


新たまねぎを1センチの角切りにしてオリーブオイルで炒めたら、なんかもうすでに超おいしそう!!!
そこにアスパラさんも軽く炒めて、水と固形コンソメさんを入れて塩コショウで味をととのえ、最後にバターを落として完成~。

新たまねぎをちょこっと取っておいたので、それをスライスにして鰹節とポンズをかけてオニオンスライスも作った。


そうこうしてたらタンドリーチキンは今日食べられないな…という量の夕飯が出来上がったので、タンドリーさんはお弁当に回すことに。
そのため、本日は早起きしてバターライスを作り、ほうれん草を炒め、タンドリーチキン丼を作りました~。わ~。


今日の発見:朝お弁当を作ると、お昼が超絶楽しみ。




2012年6月10日

イラスト投稿

私の大好きなウェブラジオ、「ミヤ端会議」にまた絵を投稿しました。
たいした絵ではないのですが、引っ越してスキャナも画像編集ソフトも無いので、超大変でした。
毎朝会社に1時間くらい早く行き、会社のフォトショップで色を塗ったり加工したりする日々が続きました(笑)
たいした絵ではないですが、愛は目いっぱい詰めたつもりです~。
今日、ラジオで紹介してくれたみたいなんですが、聞けなかったのが本当に残念~。でも喜んでくれたみたいでよかった~。



ミヤ端ラジオはこちら↓
http://www.voiceblog.jp/miyabata/





パクチー

さて、先日大好きなパクチーを植えました。

私のバイブル的存在のすばらしいパクチー本『パクパクパクチー』によると、「一晩ぬるま湯に浸すと良い」ということだったので、東急ハンズで買ってきたパクチーの種をぬるま湯に入れて一晩寝かすことに。
夜中目が覚めた私は、パクチーを入れてたお湯がつめたくなっていることに気付き、寝ぼけながら熱湯を足しました。

そして次の日、100円ショップでプランター、石、土を買ってきて窓の外に置き、早速パクチーちゃんを置くことに。

そしたら3日経っても4日経ってもうんともすんとも言わないじゃないですか。
そして、「は…!!熱湯を注いではいけなかったのか?!あれのせいで死んじゃったのか?!」と悩むはめに。

でも結局しばらくしたら芽が出てきました。
私、大歓喜。


芽が出て1日目。か、かわいい…



芽が出て2日目。か、かわいい…



そして、写真を撮る事に飽きる。

しかし、ある日を境にぐんぐん伸び始め、また興味津々に。


何日か後の写真です。
もう特徴的なレースもようのはっぱも出てきた~!!!!




食べるのが楽しみー!!!ラブ!





2012年5月28日

絵画教室の懇親会

この間、今通ってる絵画教室の懇親会に行ってきました。
約半年通ってますが、懇親会に行くのは初めて。
友だちもいないし人見知りだしドキドキしながら行きました。

10分くらい遅れていったらもう人がかなりそろってて、はじっこの席が空いていたので座ったら、隣の席の人がかなり人懐こい感じで、しかも元会社の同期にそっくりでした。
ザキヤマ的なノリというか…。

そんなこんなでかなりリラックスできて、いろんな人と仲良くなれました~。
先生が実は某アイドルと同級生だということが分かったり。
みんなの入会理由を知れたり(一人は月謝の安さ、一人は場所、一人は先生の優しさ、一人は先生のセーターの穴が理由で入会したらしい)。
あと、本人は初めて見たけど、絵は見たことあるというパターンがかなりあるので、自己紹介の際は、何曜日の何時のクラスに来てるかとどんな絵を描いてるのかていうのは必ず聞いてました。

途中で先生によるナビ派についての講義があったりもして、本当良かった~。

またこういう機会があったらぜひ出てみたいと思いました。




『猫を抱いて象と泳ぐ』

最近買った小説がものすごくおもしろくて幸せなので、まだ読み終わってないけど紹介します。

『猫を抱いて象と泳ぐ』小川洋子

そもそも私は小川洋子さんの小説がかなり好きなのですが、この『猫を抱いて象を泳ぐ』は、私の大好きな猫、象、チェスが出てくる上にちょっとシュールなので特別好きな小説になる予感がします。

私が最近猫や象の絵を描いていたり、小学生のころにチェスを習っていて大人を負かしたりしていた思い出があるのはこの小説をココロの底から楽しく読むための素地を作るためだったのではないか?
…と、勝手に思っています。

友だちのいなかった少年が、バスに住むとても太った独身寮の管理人と出会い、チェスを習い、トラウマから成長をやめ、小さいままチェスの人形として美しい棋譜を残す…という端的に説明すると理解が難しい話です。

250キロの体重の人をここまで好意的に描写できるか?って思うのですが本当に小川さんの描写って素敵。「でっぷりとした掌がすりすりと気持ちのよい音を立て、口の周りにはお菓子のかけらがくっついている」とか「甘く柔らかくたっぷりとした手」とか。


それにしても、吉田篤弘さんとか小川洋子さんの小説のちょっとシュールな感じ、現実をうっすらずらした感じが本当に好みです。
小さいころからシュール大好きで、ウゴウゴルーガばっかり見て、大学時代にはシュールレアリスムを研究してたくらいシュール大好き。

なのに自分で一から組み立てた私の部屋はめっちゃ普通でシュールさのかけらもないので、私は安全なところからシュールを少し覗き見するくらいでいいんだなと思いました。つまらない人間です(笑)




2012年5月27日

わたしの部屋

入居日には何もなかった私の部屋ですが…。
ソファとテーブルとテレビ台が土曜日に届いて、ようやくお部屋らしくなりました♪♪♪

狭いですがめっちゃ愛着わいてきた。I LOVE MY ROOM.

オレンジと黄色と木目調の色合いで、家に帰るとほっこりします~。
昨日からパクチーも植えて、なんかもう幸せ。




2012年5月24日

わすれもの

今日も残業でへとへとだったので、料理したくなーい(><)と思ってしゃけを買って帰ったのに、家に着いたらなぜか料理をしたくなってしまい、いろいろ作って食べてしまい、すっかりしゃけのことを忘れてしまった!(゜□゜)

明日の朝は早起きしてしゃけ食べようかな~。


2012年5月22日

お気に入りアプリ

最近お気に入りのアプリを紹介します。

「ぐんまのやぼう」
群馬県の特産物、ねぎ、こんにゃく、キャベツなどを収穫し、群馬県力をつけて近隣の県を制圧していくゲームです。
ひまつぶしコーナーもあって、群馬県の市町村の形を見て市か町か村か仕分けたり、住民が多い順にタッチしたりするミニゲームがあります。
だんだん群馬県に詳しくなってきました(笑)




料理のココロ

今まで料理は味がすべてだと思ってたのですが、自分が料理をするようになって料理って心なんだと気付きました。

美味しい料理には想像もつかなかった下処理とか作業があって本当に驚く。


今日、録画してた「今日の料理」を観たのですが、京都の老舗料亭の先生が作る料理が本当にすごかった。
教えてくれた料理は“そら豆とえびの白和え”で、色々な下処理があったのですが、特に衝撃を受けたのが、あとで小さく三等分にするえびなのにまっすぐゆでるために殻と身の間に串を通してゆでたところです。
「これが老舗の料亭の心か…!!」と、感動しました。

他にも、同じそら豆なのに「香りを大切にするか」「色を大切にするか」でさやを剥くタイミングが違ったり、綺麗と誉めそやしたり、食べ物を大事にする気持ちの素晴らしさに泣きそうになります…。

本当に食べることって幸せですよね!!!




2012年5月21日

最近読んだ小説

最近、乾くるみの『セカンド・ラブ』『スリープ』と、立て続けに2冊文庫で出て、超ハッピーでした。
乾くるみの小説って、なんか無性に読みたくなっちゃう。

『セカンド・ラブ』
ウブな男が紹介で美人のお嬢様と出会い付き合い始めるのだが、その恋人にうりふたつのパブで働く女性の存在を知る。
二人の間で揺れ動くと同時に、二人は本当に別人なのかと悩む主人公。
そして衝撃のラスト。
最後に序章を読み直すのが超楽しかった。

『スリープ』
4人の中学生がレポーターをつとめる「科学のちから」という番組の中でも一番人気のあった14歳の少女。とある研究所へ取材に行っている最中に気を失い、少女が目を覚ますとそこは30年後の世界だった…。
そして衝撃のラスト。
30年後の世界がちょっとかわいい。


『セカンド・ラブ』はありきたりな恋愛小説だと思ってたらミステリー、『スリープ』はSFだと思ってたらものすごい恋愛小説だった。どちらかというと『スリープ』の方が好きです。
ということで、『セカンド・ラブ』は『イニシエーション・ラブ』に近いかんじ、『スリープ』は『リピート』に近いかんじと言えるかなあ?

いずれにしても、乾くるみの描く女性は本当に性格悪くて気持ち悪い(笑)








2012年5月20日

料理番組

私はドラマが苦手で、テレビと言ったらもっぱらバラエティ(お笑い)なのですが、最近は料理番組も予約するようになりました。

下記が見ている番組です。

『今日の料理』
先週までの土井善晴先生がたまらなく好きでした。
作る料理はもちろん、顔もしゃべり方も料理に対する考え方も素敵で、結構Sっぽいところもたまらない~。この人とアナウンサーのやり取りにメロメロでした。
…が、週代わりなのか、今は講師が違うのでネットで調べてほかに土井先生が見られる料理番組はないか探しました。
それが↓です。


『おかずのクッキング』
土井先生を見るためだけに見ています。


『今日の料理ビギナーズ』
5分番組で、料理のコツを教えてくれるアニメーションです。
最初に見たとき、主人公でいろいろコツを教えてくれるおばあちゃんが「てへぺろ」とか言っててびっくりしました。
私が見始めてから、ずっと卵料理です。
私、卵そんなに好きじゃないんですよね…。


『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』
上沼さんが一般人の目線でいろいろコメントしているのが楽しい。


しかし、料理番組で作ってる料理ってなんか「よし、同じの作ってみよ」ってならないなあ。なんでだろ。


作り置き用料理

昨日は一日中友だちと遊び、今日はベッドを組み立てたり家族と食事に行ったりしてたのですが、もう明日からのお弁当用の作りおきがない!!

ということで、テレビを見ながらゴロゴロしたい気持ちを抑えて料理をしました。
母から牛肉をもらったので、塩コショウとにんにくと醤油で焼いてみたのと、近所のスーパーでにんじん、ごぼう、鳥もも肉を買い、筑前煮もどきを作りました。

あとごはんを三合炊き、すべて梅おにぎりに。

早くわたわたせずに料理ができるようになりたいです…。


2012年5月14日

UDON

今日は約3時間残業をし、もはや自炊は不可能かのように思われたが、家の最寄り駅に着いたときにはまだ9時だった。
やっぱり近いってすばらしい~

ということで、スーパーで冷凍うどんとしいたけを買い、家に帰りました。

早速なべに水を入れ、昆布を入れて、出して、鰹節を入れて、こして、醤油とみりんと塩を入れたらなんだか楽しくなってきて、しいたけを入れ、ちょっと前に余ったから冷凍しておいたねぎをわんさか入れ、うどんを解凍したあとに入れ、そうだ卵もあると思って割り入れ、大量に作って冷蔵庫に入れておいたたまねぎと鶏肉のかき揚げをあっためて添えてみた。
超おいしかった!!!!
次回はたまごを室温に戻してから入れることにする(教訓)




2012年5月13日

今月のレポート

さて、月末にできなかったのですが、久しぶりに当ブログの統計レポートを公表します。

日本 29
イギリス 2
インド 1
ベネズエラ 1

国数も訪問者も大幅に減ってしまった(><)

今後は更新がんばります!!


クッキングOL


はじめての自炊生活が新鮮で色々作っているのですが、何しろ本の通りにしか作れないので1品作るたびに調味料や調理器具が増えます。
今のところ作った料理一覧

ねぎのスープ煮…塩コショウ
豆乳のパンケーキ…砂糖、ベーキングソーダ
れんこんのきんぴら…白ごま、みりん、しょうゆ、ゴマ油
なすの豚肉巻き揚げ…ポン酢
パプリカのぺぺロンチーノ…鷹の爪
たらこ入りポテトサラダ…マヨネーズ
チーズ入りハンバーグ…ケチャップ、ウスターソース、パン粉
鶏肉と玉ねぎのかき揚げ…片栗粉、青のり
セロリのおかかサラダ…削り節

全部小さいサイズを買うように心がけてるんだけど、ポン酢は一瞬でなくなったので大きいサイズにすることにしました。
キリがなさそうなのでスパイスには手を出さないようにしたいです…。

今のところめちゃめちゃ美味しかったのは「なすの豚肉巻き揚げ」「鶏肉と玉ねぎのかき揚げ」「チーズ入りハンバーグ」。
特に鶏肉と玉ねぎのかき揚げは新たまねぎが美味しすぎて作るはしからつまみ食いしてしまった。
でも、揚げ物のめちゃくちゃなめんどくささは一体なんなんだろう。でもものすごく美味しかった…。また作りたいけど、このめんどくささを忘れたころじゃないと無理だろうな。

ちなみに、主に参考にしてるのはオレンジページの『好評の「忙しい人のための作り置き」レシピを集めました。』です。
350円とは思えないー。美味しい。





一人暮らし

お久しぶりです。
会社のかわいい同期に「4月20日以来更新をしていない」と指摘を受けました。

実は5月からひとり暮らしを始め、今日までインターネット回線が繋がっていなかったのです…。昨日ようやく繋がりました。

ひとり暮らしは、そこまで馴染みの無い街で始めました。
何しろ、物件を探しに不動産屋さんを訪れたのがその駅に降りた初めての経験だったのです。

でも、絶対ひとり暮らしはここで始めると決めていたので、何ヶ月も前から雑誌にその街のお店が載っていたらメモしておいたり、イベントごとをメモしておいたりしていました。
実際暮らし始めると、まだ生きるのに精一杯で遊びに行けてないのですが…。




2012年4月20日

絵本の世界

そういえば、同期が『えんどう豆の上にねむったお姫様』っていう絵本を知らなかった。
私の愛読絵本なのですが。

ということで、私の大好きな絵本を紹介したいと思います。

『こんとあき』林明子



私がいちばん好きな絵本です。
あきという女の子と、あきが生まれる前におばあちゃんが作ったキツネのぬいぐるみ「こん」が鳥取県に住んでいるおばあちゃんに二人で会いに行くお話。
他の林明子さんの絵本と比べると少し地味な気がしないでもないのですが(『妹の入院』とか『はじめてのおつかい』とかね)、かわいいキツネのぬいぐるみのこんがお兄さんぶって自己犠牲を払っている姿に泣いてしまいます。
この絵本の影響でキツネがかなり好きです(笑)。
いつかひとりで鳥取砂丘に行きたいと思っていて、大学のときにひとり旅したなー。


『まるいちきゅうのまるいちにち』

世界8カ国の絵本作家が、大晦日からお正月にかけて各国でどう過ごしているのかを描いている絵本。
これではじめて小さい私は時差というものをぼんやりと知りました。
絵もかわいいしオススメです。


『旅の絵本シリーズ』安野光雅

ヨーロッパの風景画にちょこちょこピーターパンとか有名人が出てくる、美しいだけではなくとても楽しい絵本。
何作目か忘れたけど、ラプンツェルが出てくるのがすごく好きだったなー。
昔から、「分かる人にしか分からない」ものが好きだったんですよね。


『サンタの夏休み』レイモンド・ブリッグス

『スノーマン』のほうが有名かもしれませんが、私は断然こっちがオススメ。
すごくユーモラスに夏休み中のサンタさんを描いています。
たまりませんね。


『バーバパパのいえさがし』A・チゾン、T・ティラー

新しいおうちを探すけど見つからず、結局自分で家を作るという話。
バーバパパはいろいろ読んだのですが、だんぜんこれが好きでした。
こどもが7人いるんだけど、それぞれみんな個性的で個性に合ったお部屋を作るのが本当にうらやましかった記憶があります。
私はバーバモジャが好き(美術が得意な子)。


『ノーダリニッチ島 K・スギャーマ博士の動物図鑑 』K・スギャーマ

小学校の親友が好きで、しょっちゅう図書館でふたりで見てました。
不思議な動物が載っているだけの絵本ですが、ユーモラスでかわいいんだ。
植物図鑑もありました。


『あなはほるもの おっこちるとこ』ルース・クラウス、モーリス・センダリック

小学校のときに山ほど絵本や本を授業で読まされたのですが、これは低学年のときに読んだ中では一番印象に残ってる。
マジ哲学しちゃってるカンジ。
「園長先生はとげを抜いてくれるためにいるのよ」という一文がいまだに強烈に脳裏に焼きついている。小学校低学年の私には「本当にそうだ!!!」と思わせる説得力があって、ちびっこまなに「本には真実が読むべき真実が書かれている」と思わせた絵本です。


『えんどう豆の上にねむったお姫様』
元はアンデルセン童話らしいですね。
小学校の図書館から何度も何度も何度も借りて家に持って帰ってきた本です。
ふわふわのお布団の上に眠るお姫様の話。
私も会社の保養所に泊まるときはお姫様ぶって、敷布団を3枚重ねにしたりします。
amazonで探したのですが、画像が出てこなくて残念だったので、出版社を探しました。
これです。そうそう、この絵に惹かれて何度も何度も借りたんですよね。
絵もかわいいし、内容もいいし、お友だちのプレゼントに最適!


次回は児童文学の紹介をしたいなー。


2012年4月19日

ネットサーフィン

本当に書くこと無いので、私のお気に入りのホームページでも紹介します。

ヘア・サロン夢屋
(いきなり女の人の裸が出てくるので気をつけてください)

私のレトロ好きに拍車をかけたホームページ。
実際のヘア・サロンには行ったことがないのだけど、ホームページを見てるだけでかなり来るものがあります。
サブタイトル?もオシャレ「緑の本を乙女は恥らう」とか…
ここで紹介されていた、サバンナ八木さんの怪獣辞典がすごく欲しいんだよね~。


アランジアロンゾ オフィシャルホームページ
アランジって本当にかわいいよね~。
フェルトマスコットの本を買って、友人に作ってあげたら、「そっくりそのままですごい!」と褒められてすごく嬉しかったのを覚えてる。


ジップベアタウン
昔、フラッシュでアニメとかゲームを作るのに憧れて色々検索してるうちに出会ったホームページ。
ドンジャラをその昔、毎日毎日やっていた。
ここの色合いってほんとうにかわいい。
自分でもドンジャラ作ろうとして失敗したなー。
ソースとか間違えてないはずなのになぜか動かないという…。
懐かしい。


PON'S sTyLe
ハリネズミがかわいすぎるブログ。
とにかくハリネズミがかわいすぎる。
ぷるぷるつんつん!!


リズム&ブックス
かわいらしい古本屋さん。
いつか実店舗行きたい。








チョコレート・バトル

今日、いつものように同期の女子4人でお昼を食べていると、食べ終わった頃にかわいい同期がWESTのパイをくれました。
わーいと食べようとしていると、天然の同期が「あ、じゃあ私も~」と言って、チョコレートを持ってきてくれました。

それが、86%カカオのチョコレートで、超ビターなのですが、天然の同期いわく、「すっごく苦いんだけど、今までの人生でチョコレートを食べてきてるじゃない?で、同じチョコレートだから舌触りとか香りで今までの“甘い思い出”がよみがえってきて、甘く感じるときがあるんだよね!それで食べられるの!」とのこと。

かわいい同期「へえー、早速食べてみるね」もぐもぐ
私「どう?」
かわいい同期「確かに“甘い思い出”っていうの分かるかも」
天然の同期「でしょ!?」
私「ええー???」

私「じゃあ私も食べてみる」もぐもぐ
かわいい同期「どう?」
私「…舌ってさあ、全体で味覚を感じるんじゃなくて、ここで苦味、ここで甘味とか分かれてるじゃん」
同期「うん」
私「うまいこと甘味を感じるところにあたると甘く感じる。そういうことじゃない?」
かわいい同期「ああー、そうかも???」
天然の同期「科学的だね…。でも、まなちゃん。夢が無いね
私「!!!! ブログに書いてやるー!!」
かわいい同期「ほんと?11日以来ぶりの更新になるね!」
私「詳しいな!!!」


その後やさしい同期が食べて、「思い出かな?舌かな?でも確かにたまに甘く感じるね」とやさしい感想を言ってました。

そして、WESTのパイは舌のどこに当たってもやさしく甘くて、バターの馥郁とした香り漂い、かすかなしょっぱみがアクセントになり、たまらなく美味しかったです。



2012年4月11日

2日間で読んだ本

昨日・今日でかなり本と漫画を読んだのでご紹介です。

『グラゼニ』1巻~3巻
「生涯年収」という観点で野球選手の年棒を考えている1軍の中継ぎ投手が主人公。
こういう風にちゃんとお金を考えているスポーツ選手って好き。
こんなスポーツ漫画が読みたかった!!!という感じ。
3巻まで読んだけどいちばん年収的観点が強い、1巻が一番好きかなー。

『高杉さん家のおべんとう』1巻
31歳のオーバードクターが中1の女の子を引き取る話。ひたすらお弁当と夕飯の話。謎の擬音「はも~ん」とかが気になるけど、おもしろいです。

『昭和元禄 落語心中』1巻~2巻
刑務所から出所した男の人が、服役中に来た落語家の落語に惚れ込み、出所したその足でその先生のところに向かい弟子にしてもらうが…という話。
落語家の師匠が色っぽくてカッコいい。おもしろかったです。

『火の鳥』6巻
高校生のときに全巻セットを買ったんだけど、友達に貸したりとかで飛び飛びになってしまっているので買いました。
6巻は「望郷編」です。
開発される地球を飛び出したロミとジョージ。開発費を盗んで宇宙不動産屋で星を1つ買うが、その不動産屋は悪徳で、ジョージは即効死んでしまう。
ロミはジョージとの間の子と子どもを作るために冷凍睡眠、そしてまた男の子しか生まれず冷凍睡眠。そうこうしてまたロミが冷凍睡眠している間に火の鳥が介在してロミの子孫とムーピーという生物が出会い、人間が増えに増え、文明が発達していくという話。
高校生のときはロミの子孫がムーピーとの間に作った子どもたちが気持ち悪くて一番苦手な話だったのですが、今は嫌いじゃないです。
何と言っても、この人間ぽいのに人間じゃない、気持ち悪いけど受け入れられる感じのこの生物のデザインがすばらしすぎると思うんですよね…。
手塚治虫はマジ天才。

『87 CLOCKERS』1巻
『のだめカンタービレ』の二ノ宮知子の最新作。また音楽家の話かと思ったら、パソコンの話だった。内容にまったく興味ないのにおもしろいのはさすがだと思いました。

『聖女の救済』
東野圭吾の小説が文庫になると教えてもらえるようにブクログというサイトに登録してるんですが、『聖女の救済』が文庫化されたというお知らせが来て、今日は残業できないなと思いました。
ガリレオシリーズの長編なのですが、東野圭吾作品の中でも『容疑者Xの献身』が好きな人が好きなタイプの小説だと思います。
おもしろくて一気に読んでしまいました。


2日でこれだけバラエティを読んだのは久しぶりかもしれない。




2012年4月9日

展示会

通ってる絵画教室で夏ごろ展示会をするらしいです。

いつもはF4号という、A4よりちょっと大きいくらいのキャンバスに描いているのですが、展示会用に大きい絵を描くことにしました!!!!
なんとF15号です!!!一気に9号もアップ!

でも何を描くかまったく決めていません。
まあ、もちろん動物を描くということは決めているのですが。

私はとにかくハッピーな、見た人がにこってなるような絵が描きたいんですよねー。
なおかつそこに美術史的な知識を織り交ぜられれば最高なんですけど。

やっぱりキツネちゃんかな?
シカやキリンも捨てがたいなあ。

うーむむむ。

何はともあれ、展示会にはぜひみなさん来てください。
私の代表作《宇宙で出会った羊とフラミンゴの恋-解剖台の上のミシンと蝙蝠傘-》は展示したいと思っています。




2012年4月8日

朗読者

昨日観てとてもおもしろかった『愛を読む人』の原作小説『朗読者』を買って読みました。
聞いてはいたのですが、全編少年(男性)側の語り口で『愛を読む人』で感じたようなぶわーっと押し寄せてくる感情はまったくなかった。

それどころか、映画では分からなかった男の非道っぷりをまざまざと見せつけられて、男性不信に拍車がかかった…(笑)

ネタバレになってしまうので、下記白文字で感想を書きます。

15歳の少年と母親ほど年が離れている女性が出会い、男女の仲になり逢瀬を重ねるが少年には女性を理解できないまま。ある時から女性は寝る前に少年に朗読をせがむようになる。幸せな日々が続いていたかのように見えていたが、ある日突然女性が行方をくらます。
そして大学生になった少年がゼミで裁判を傍聴すると、そこに行方が分からなくなった女性がナチスの戦争犯罪の被告人として立っていた。
不利な方向に働くような言動をする女性。
そこで少年は、女性の秘密に気付く。

…という話なんですが、映画だと少年はずっと女性を愛しているように見えるというか、誠実なように見えるのだけど、小説では心の移り変わりというか男性の残酷なところがズバーっと書いてあってかなりショックを受けました。

特に、被告人としての女性を弁護人が「拘留するのは不当だ」と言った時に、少年は「ずっと拘留されていて欲しい。なぜなら、単なる思い出として留まっていて欲しいから」と思ってた自分に気付くシーンが…。ひどくない!?ちょっと老けたからって!!!(涙) それなら一時の感情に身を任せて好きとか言うなよ!!!(涙)

「昔は魅力的に見えたんだよなー」って。単に発情期だっただけだろ!!!アラフォー女子を振り回すな!!!(涙)


しかも、後半。「なんか老人のにおいがする」って。ほんとひどい。もうやだ。

映画で泣けたのは、女性に感情移入できたからなんだろうな。


『愛を読む人』

『愛を読む人』を借りて観ました。
特に何も考えずに借りたのですが、すごくおもしろかったです。
後半で嗚咽が出るほど泣きました。

15歳の少年と35歳の女のラブストーリー。
前半はふたりの肉体関係、後半は法廷。

前半では、自分の部屋の中では女王様のように振舞うハンナが、まぶしい夏の昼にレストランでオロオロしてるところは本当に老けて見えて、見てられなかった…。

そんなハンナが主人公の前から去った理由が後半で分かったとき、もう、超号泣!!!
そこからは涙が止まらなかった…。
「うううう…(泣)」みたいな泣き方久しぶりにした…。

小説も読みたくなったなー。


どうなんでしょうね。20歳年下の男性って。
ただでさえ男なんて信じられないのに、高校生だなんて超信じられないよ…。







絵画教室でストレス発散

Bloggerが新しくなってちょっとまだ戸惑っています。
改行が変だったのはそのためです…。
さっきも頑張って書いた記事が消えた~!!悲しい…。

今日は絵画教室に行ってきました。
しかも、午後の部と夜の部に続けて参加させてもらって、計6時間お絵かきしてきました。
何回か写真を撮ったので、前回の写真と併せてメイキング風に紹介してみます。


下書き。
あらかじめ用意した羊とフラミンゴそれぞれの写真を見ながら30分くらいかけて描きました。絵画教室に通うまで、下書きにそんなに時間をかけたことなかったんだけど、私は早いほうみたいです。
下書きが好きではないのでサクッと切り上げてしまう…。


2時間後。
あらかたイメージ通りの色を置き終えた感じ。本当はフラミンゴちゃんの目まで塗りたかったんだけど、ピンクが乾いてなかったので無理だった。乾いてないのに無理に塗ったくちばしの黒い部分はみごとにじんでいる。
この段階で、羊の毛の表現の難しさに軽く絶望しています(笑)。


ここからが今日から!
さらに2時間半後。
背景を宇宙にすることに決めたので、黒と青と紫で大体塗った後、マスキングテープで羊とフラミンゴを保護。
ミイラ羊とミイラフラミンゴみたいでちょっとかわいい。


30分後。
大体星を飛ばし終わる。この後ちょっと乾かして水色でミルキィウェイ風に飛ばしたり、紺を飛ばして奥行きを出したりしたけど、これで大体の星は終わり。


さらに3時間後。
背景を作り終えないと塗れない毛の部分を塗ったり、羊のもこもこをしつこく塗ったりしてた。



これで完成~。計8時間半。
我輩の代表作《宇宙で出会った羊とフラミンゴの恋-解剖台の上のミシンと蝙蝠傘》が生まれた瞬間である。


今日、先生に何度も「早いですね」と褒められて嬉しかったんだけど、ようやく気付きました。「早いですね」というのは褒めているのではなく、単なる感想だと(笑)。
だから「ありがとうございます」って返すのはなんか変なんだよなー。なんて返せばいいんだろう?





四万温泉

三連休は、四万温泉(しまおんせん)に行ってきました! 行くまでは四万温泉のことを知らなくて、よんまんおんせんとか言ってましたが、美人の湯で有名らしいですね… ふるさと納税で草津感謝券をゲットして草津に行くのが定番だったんですが、草津温泉に入ると肌が荒れちゃったりして、心配し...