2018年2月13日

四万温泉

三連休は、四万温泉(しまおんせん)に行ってきました!
行くまでは四万温泉のことを知らなくて、よんまんおんせんとか言ってましたが、美人の湯で有名らしいですね…

ふるさと納税で草津感謝券をゲットして草津に行くのが定番だったんですが、草津温泉に入ると肌が荒れちゃったりして、心配した旦那さんが四万温泉を試してみようということで、ふるさと納税先を変更してくれました。

ひなたみ館という、ウェブサイトを見る限りではすごく素敵そうな宿を予約してくれて、もうそれだけでワクワクしてたんですが、行ってみて、四万温泉自体が相当良いということがわかりました。

飲泉可能だということで、温泉街に飲泉できる箇所があり、ひょうたん型の飲泉所で温泉を飲んでみました。
手で受けて飲むには少し熱めで、ちょっとしょっぱくて少し固いかなと思ったんですが、すごい効いた!
何がって効能「便秘」が!!
驚いてその後も飲泉所でちょいちょい飲んでたんですが、ひょうたん型の所の温泉が一番効いた気がするなー。

飲泉で大はしゃぎし、ひなたみ館に行くと、本当に素敵なお宿!!!
受付がものすごくおしゃれで、お部屋もとてもおしゃれで、貸切風呂は人が入っているかわかるモニターが1階と2階にそれぞれあるので、待つ場合でもそんなにストレスじゃない。
しかも、モニターもおしゃれ。
そして、お風呂の内装もすごくおしゃれで綺麗。

肝心の温泉も肌に柔らかく、すべすべになる!!
あとで調べたら、全国の美人の湯3位だった。
チェックイン後、お夕飯前、お夕飯あと、朝ごはん前、と計4回入った。

お夕飯も朝ごはんもおいしい。

ドリフターズの「いい湯だな、ハハハン」に出てこない温泉でもこんな素敵な温泉があるなんて、すごい!!!と感動し、そのあとも飲泉できる温泉を中心に、リサーチをしています。

2018年1月23日

エクセルの色

私のチームでトラッキングしているエクセルの表を私が作成してるのですが、2017年度の色合いがいまいち気に入ってなかった。


私「先輩、来年は爽やかな色合いにしますね!」
先輩「あーそう、どうぞ」


私「どうですか?」
先輩「うーん、なんかパンチが足りなくない?」
私「実は私もそう思ったんですけど、本来こういう色合い得意じゃなくて、ミッフィーちゃんみたいなカラーリングが好きなんですよね…」
先輩「いいじゃんいいじゃん、1回ミッフィーちゃんでやってみてよ」
私「えー?!」


私「やってみましたけど、仕事っぽくなくないですか?」
先輩「いいじゃん!!!これにしよ」
私「そうですか!ま、かわいいですしね!」

エクセル、自由に色を選べるようになって嬉しい。

2017年12月21日

『春にして君を去りて』…おもしろかった!

友人から、アガサ・クリスティをおすすめしてもらい、早速『春にして君を去りて』を読みました。
とてもおもしろかったので、感想を書きます!




イギリスの中年の婦人が主人公。

結婚してバグダッドに暮らす末の娘が病気になったので、お見舞いに行く。
世話を焼き、部屋を片付け、娘と婿に「もっといて」と引き止められたけど、夫が家でさびしいだろうから、と帰ることにする。

帰りの途中、女学校時代の友人に会う。
昔は美人でユーモアがあり魅力的だったのに、落ちぶれている…
それと引き換え、自分はまだ若く見えるし、美しい。
声をかけられ、あの娘さんのお母さんってあなただったの。
あんなに若く結婚したから、家が嫌で嫌で飛び出したんだと思っていたけど、あなたが親なら勘違いね」と言われる。

なんのこと?と不愉快になり、別れ、トルコ経由でイギリスに帰るために駅に向かう。
そうしたら、天候のため砂漠の真ん中の宿で何日も足止めになる。

本も読み終わり、やることもなく、ありあまる時間の中で家族のことを考えはじめる。
私はよい妻、よい母、夫からは愛され、子どもからは感謝されている。
褒められるのは悪い気持ちがしない。
と言う風に考えるが、しばらく砂漠にひとりでいるうちに、ちろちろとトカゲのようにいつもとは違う思考が入り込んでくる。
ひょっとしてあの時のあのできごとは… 
あの時このことは…



結構序盤から、「あー、こういうことかな」みたいに真相に気付いてしまうんだけど、気付いてからも女性の思考パターンというか、いろいろな気付きにいたるまでの途切れ途切れの道を探りながら歩くような雰囲気の文章がすごくおもしろい。
あと、オリエンタルな描写もおもしろい。
アガサ・クリスティってすごい。

2017年11月26日

ロシア旅行 お土産 その2

おみやげを順調に渡せているので、もう少し公開します。

<プーさんグッズ>


ロシア版くまのプーさん。
ロシアに行く前にともだちに教えてもらう。
どうみてもたぬき系の顔が可愛すぎる!!

<バッジ>

こんな調子の可愛いレトロなバッジを複数購入。
ブラッドギフツのすみにまとめてあった!


2017年9月18日

ロシア旅行 お土産 その1

これからお土産をあげる人もいるので、まずはここを見ていないだろう人に差し上げる予定のお土産ともうあげたお土産、あと自分用のお土産をまず載せます。

<プラトーク>
ロシアのストール。専門店で購入しました。

母用

母用



自分用。同じの持ってるみたいなことを店員さんに言われた!


自分用。めちゃくちゃ可愛くないですか?!

<マトリョーシカ編>
旦那さんのお母さんへ

うちの母へ

自分用!一番小さいカエルの曖昧さよ

後ろ姿も可愛い

並べてみた

ピン。馬面で可愛い!

最後空港で購入。
会社の人へのお土産、これにすればよかったな・・・。

<雑貨編>
こういうピンが無造作にカゴに入ってた。

プーチン。弟へ。

ミリタリーショップで購入。ロシアタグ。かっこいい。

洗い終わった食器を置くやつ。かっわいい・・・

<洋服編>
イタリアのファストファッションTerranovaというお店で購入。
日本未上陸だそうなので・・・

ウラジオストクTシャツ。めちゃかっこいい。父へ。

<食品編>
ムール貝の真空パック

ビール

蜂蜜

パッケージが可愛すぎて購入

きのこ好きなのでカサカサきのこ買ってみた

会社の人へ。飲んでくれるかなー・・・




2017年9月17日

ロシア旅行 最終日

9月14日(木)

朝7:30に起きて、軽く支度をし、ホテルの朝ごはん。
以前と階は同じだったけど、少し違うところに朝ごはん会場があった。
初日よりも日本人が多かった気がする・・・。

部屋に戻り、支度を終え、チェックアウト。
もうタクシーが来てると伝えられ、外に行くと、なんとビーチの時のプリウスのおじいさんだった!
以前道を間違えられてることもあり「エアポート」と言うと、分かってる分かってるという顔で「オーケー」と言われた。
少し道が混んでいたけど、余裕で到着。
途中でたばこを吸ってたり自由だなーと思うところはあったけど、結局はやさしいおじいさんだった(と思う)。

まだチェックインが始まっていなかったので、空港内をうろうろ。

インフォメーション

シーフードショップ

シーフードショップの中の猫ちゃん

冷凍の海鮮

缶詰・干物

たこの足が大きい!

お土産屋さんの大きなマトリョーシカ


チェックインカウンターは、直前に仁川行きと成田行きのカウンターが入れ替わり、少し混乱したが、問題なくチェックイン出来た。
セキュリティチェック、出国審査も問題なくあまり時間もかからず通ることが出来た。
最後のおみやげ屋さんでマトリョーシカのキーチェーンを購入(かわいい)。

そして、ラウンジに入る。
いすもふかふかで広くて良いラウンジだった。シャワーもあった。
ここのラウンジではサーモンよりも白身の魚の薫製のほうが脂がのっていて美味しかった。





搭乗時間が近づいたので、並び、搭乗。

トキオ/ナリタ


行きよりもかなり混んでたように感じた。
機内食は行きと同じサンドイッチ。今回は後ろの方の席だったので、チキンしか残っていなかった。
1時間50分で成田に到着。

飛行機の影が撮れた


やっぱりすごく近いなと思った。
でも他の近いアジアに行くより断然異国感が強い!!!
ごはんも美味しいし、雑貨もかわいいし、おすすめです。

ロシア旅行 5日目

9月13日(水)
シベリア鉄道の中で気持ちよく起床。
朝ごはんは7:45に持ってくると茶色の髪の毛の女性が言ってたので、7:00前に起きてベッドを片づけ、身繕い。

旦那さんは朝ごはんの前にもシャワーを浴びた。
昨日もだけど、この日もお湯はたっぷり出たらしい。

それらが終わった頃、少し早めの7:30に朝ごはんを持ってきてくれた。
オムレツ、ブルヌイ(クレープ)、あと頼んでいないと思うんだけど、チーズとぶどう、サラミと豚の塩漬けみたいなものも持ってきてくれた!!!
サラミにはふんだんにフレッシュなディルがかかってて、本当によくディルを使うんだなと思った。
豚の脂身が嫌いな旦那さんもおいしいというほど、豚肉が美味しかった。

朝ごはん♪

朝ごはんを食べ終えると、もうそろそろ下車の時間。
すごく名残惜しいと思うほど楽しい汽車旅だった。
外から撮った食堂車!レシトラン!

ウラジオストク駅!


駅に着いたら、一度ホテルまで行き、チェックインの時間まで荷物を預かっておいてもらう。

まだ時間が早いので、名前の分からない小さな教会を見に行き、写真を撮った後、のんびりと海沿いを歩いた。
海沿いでは懐かしいパンチングマシーンがあり、挑戦する青年たちがいた。

海沿いにある遊園地。観覧車に壁がないように見えます。


そのあと、父へのおみやげを買うために、おしゃれなTシャツが売っているというスンデュクというお店へ。
お店は少し奥まった場所にあり、看板はキリル文字だったけどなんとか発見できた!と思ったらそこは姉妹店だったらしくTシャツが売ってなかった。
Tシャツが欲しいと伝えると、お店のお姉さんがあっちと指さしてくれたので、スパシーバと言って、指さしてくれた方向へ。
そうしたら、なんともかわいいお店があった。
Tシャツの他にトートバッグなどもすごくかわいかったけど、父用のTシャツだけ買って、お店を出た。

スーパーでカニ缶が売られているのを見てからずっと旦那さんはウラジオストクのカニ缶について調べていて、バスで少し行ったところに良い缶詰屋さんがあることが分かったので、行ってみることに。
缶詰屋さん(マガジンモレプラドゥクトィ)に着くと、中は缶詰や海産物が狭い店内にたくさん!!!
カニ缶は冷蔵されていたので、「常温保存できますか?」と翻訳アプリで聞いたところ、0度から20度の温度で保存すること、的な記載の部分を見せてくれた。
ちょっと不安はあったけど、とりあえず2缶購入した。1缶550ルーブルくらい。

その後、また駅のほうに戻ってきて、以前行ってとても美味しかったStudioでお昼ごはん。
今回は、ポテトフライ、マッシュルームスープ、シーフードグラタン、ビーフストロガノフ、バナナシェイクとストロベリーシェイクを注文。
2階席に通して貰ったんだけど、とてもおしゃれな空間だった!
1階席よりも断然すてき。
ごはんはどれもやっぱりおいしくて大満足。

ごはんの後はスーパーマーケットに行き、最後のお買い物。
おみやげにハチミツ、チョコレート、ビール、それからおつまみになりそうなサーモンジャーキーや、真空パックのムール貝などを購入した。

荷物を持って、ホテルに戻ると、すぐにパスポートチェックするから待ってて、と言われて、フロントでパスポートチェックを待った。
だけど、結構待ち時間が長かった・・・。
部屋に戻ると、少し休憩するはずが、2時間くらい昼寝。
疲れがとれたところで、夕ごはんに出かけた。

最後にタラバガニを食べようと、シーフードでおすすめというPALAU FISHというお店に向かったが、席に通されたところで「キャッシュある?カードはレートが悪いのでおすすめできない。あとカニは3キロから注文しかない」と言われる。
キャッシュが無かったので、お店を出ることにした。
でも、どうしてもカニが食べたかったので、カニが食べられることが分かってた、またバスに乗ってSAVOY FETEへ。

ここら辺は本当にフォトジェニック


レストランに入り、カニが食べたいと伝えると、1階の席に通してくれた。
席に着き、シーフードサラダとカニを注文。
最初1キロ注文したら、2キロからのオーダーと言われたので、2キロに変更。
カニを食べるならばと、2人席にいたけど4人席に移ってと促された。

最初に来たシーフードサラダは、はっぱがすべてルッコラで、シーフードもたくさん入っていて、すごく美味しかった!
そしてカニの登場。
このカニは1.7キロですという説明があった。とても良心的!
すごく大きくてびっくりした。
胴と足はすでにはずされていて、食品用グローブとカニはさみがあり、カニはさみの切れ味がすごくよかったのでとても食べやすかった。
身がみっちり詰まっていて、すごく充実した食べ応え!!

カニーーー!


大満足だったけど、炭水化物がなかったせいかお腹に余裕があったので、デザートを頼んだ。
メレンゲのケーキと、アイスクリームは店員さんおすすめのバニラとオレンジ。
私はオレンジのアイスクリームは苦手だったけど、旦那さんは大絶賛していた。
メレンゲのケーキはポーランドでも食べたことあったけど、ここのもすっごくおいしかった。

カニはちゃんと1.7キロで会計されていて、一安心。
最後のディナーだったので、すこし奮発したけど、とてもよい締めくくりになった。

この日はホテルに戻り、明日帰るためのタクシーを予約した。
11時に空港に着きたいと伝えると、1時間15分で着くけど、9:30にしたらどうかしらと言われたので、9:30で予約した。

四万温泉

三連休は、四万温泉(しまおんせん)に行ってきました! 行くまでは四万温泉のことを知らなくて、よんまんおんせんとか言ってましたが、美人の湯で有名らしいですね… ふるさと納税で草津感謝券をゲットして草津に行くのが定番だったんですが、草津温泉に入ると肌が荒れちゃったりして、心配し...